BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … WICKED【劇団四季】2008/4/3(木)PM1:30BLOGTOP » 演劇感想 » TITLE … WICKED【劇団四季】2008/4/3(木)PM1:30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WICKED【劇団四季】2008/4/3(木)PM1:30

グリンダ 西 珠美
エルファバ 樋口麻美
ネッサローズ 山本貴永
マダム・モリブル 森 以鶴美
フィエロ 北澤裕輔
ボック 金田暢彦
ディラモンド教授 前田貞一郎
オズの魔法使い 飯野おさみ


劇団四季ミュージカルBOOK『ウィキッド』のすべて (日経BPムック 日経エンタテインメント!別冊)劇団四季ミュージカルBOOK『ウィキッド』のすべて (日経BPムック 日経エンタテインメント!別冊)
(2007/07/26)
日経エンタテインメント!

商品詳細を見る


んでは以下感想~♪

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

週間キャストが沼尾さんだったので諦めてた西グリンダ。
まあ北澤さんいるし、沼尾さんのグリンダも好きだし
楽しむぞ~~♪と思いながら劇場でキャスボみたら
予想外に西さんで大喜びでした。
・・・しかし四季のここが怖いところだよな。
週間キャストを信じてきたら土壇場で変わってたりするし。
私が喜んでる横で「あれ、変わってる」とがっかりしてる方もいたので
多分その人は沼尾さんのファンなんでしょうね。

そんな訳で今回は北澤さんと西さんの
大好きなラウル&クリスコンビでのウィキッドでした♪
このペアで見たかったんですよvうれしいなあv
そんな訳で久々のウィキッド感想いきます(^^)

西さんと樋口さん、北澤さんと今回主要キャスト全員が
前回の方と全然印象が違ったので不思議な感じでした。
ネッサも違うし主役級がほとんど変わってるもんねえ。

とりあえず一番目当ての北澤フィエロ。
李さんをみたのがずいぶん前なのでそのせいなのかもですが
ダンスちゃんと踊れてたと思います。
やっぱり北澤さんの魅力はあの声と歌唱力なので
歌を聴くとうっとりさせてくれるとっても素敵なフィエロでした。
ダンスホールと軍服姿がかっこよいし
「君は君のままでいいのに」とか「君が幸せなら僕は君と婚約するよ」とか
そこらへんの台詞の響きの甘やかなこと。
特に後者なんてかなり本気で
「グリンダいいな~」とか思っちゃいましたよ(笑)。
「As Long as You're Mine」でもエルファバが羨ましかったしな(笑)。
グリンダの婚約発表の時は何かムスってして怒ってるのが可愛かったなあ。
ラウルに比べるとやっぱり砕けてた感じです。
感情もラウルよりフィエロのほうが見てて伝わりやすくて
特に二幕からはグリンダへの辛い複雑な気持ちや
エルファバへの深い愛情が伝わってきました。
グリンダにもエルファバにも凄く優しかったですね。
李さんはエルファバへの愛情が良く伝わってきたけど
北澤さんは方向性は違うけど二人とも大切なんだなって感じがしました。
そういう訳で北澤フィエロは
女ったらしっていうより、天然たらしな気がしました(笑)。
やっぱり貴公子っぽくって
頭の悪い軽い男の子っぽくはなかったですね。

西さんのグリンダ。
沼尾さんグリンダはなんとなく見る前から想像できたのですが
西さんはクリスの儚いイメージが強かったので
正直全然イメージできませんでした。
で、みてみたら、気位高そうだけどブリっ子なグリンダになってて
「うん、それもグリンダだよね~」と思いながら見てました。
しかし西さんクリスの時とは全然違ってびっくりでした。
ダンスホールまでは珠ちゃんのグリンダはちょっとわがままで意地悪な感じ。
でもダンスホール以降は西さんのグリンダ凄い私好みでした。
なんていうかね~デレ始めた(笑)。
それからエルファバにべったりだもんね。
「For Good」のあたりなんて声が完全に泣き声で
『西さん・・・大丈夫かなあ・・・』とはらはらしてたら
案の定「あたしを変えてくれたの―――忘れない」のとこので
「忘れない」が声が詰まっちゃって歌えなくて、台詞でいってました。
多分、あとで怒られちゃうのかもだけど
私ここ良かったな・・・凄く泣けた。
「私には友達がたくさんいたわ。でも大切な友達はあなただけ」って
グリンダの台詞を思い出しちゃったもん。
人に好かれたいと思えばやっぱり媚びたりすることもあるけど
グリンダにとってエルファバはそういう事する必要のない
本当に稀有な人だったのかな・・・って凄い思っちゃった。
「For Good」が終わった後も声に名残があったので
西さん「For Good」はきっと気持ちが乗りやすいんだろうなあ。

樋口さんのエルファバは可愛い。何か素直そう。
オズの魔法使いも、マダム・モリブルも、ディラモンド博士も
皆心から信じてる感じ。
素直な子で寂しそうで、でも明るくふるまってる健気な子でした。
私が教師なら絶対可愛がるだろな(笑)。
多少弱さも感じたもので「Defying Gravity」への心の流れは
ちょっとわかりにくかったけど
この子ならきっとオズの考え方に従うことは出来ないから
離反するしかなかったんだろうなあって見終わるとそう思えました。
信念からの離反っていうより、優しいからいられなかった。
そんな感じがしました。

西グリンダも樋口エルファバも
どっちもどこか脆さがあって虚勢をはってるイメージがありました。
可愛くて親しみやすかったな。
そして山本ネッサは結構愛憎渦巻いて怖かった(汗)。
二幕なんて執念かんじたもんなあ。

西さんの「For Good」のせいか
今回の最後のグリンダの姿は前よりも悲しかったです。

そして今回初めてキャストボードを撮影してみましたv
半分しかとれなかったですが(泣)。
よくBLOGで全部あげてる方をみかけるのですが
どうしてるのかなあ。すごいなあ。



観劇後、ウィキッドカフェでエメラルドオレを飲みました。
入れ物がウィキッドなのがなんか良いですよね




*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。