BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ヱヴァンゲリオン 新劇場版:Q 【映画】BLOGTOP » アニメ感想 » TITLE … ヱヴァンゲリオン 新劇場版:Q 【映画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリオン 新劇場版:Q 【映画】

「楽しいよ。僕は君に会う為に生まれてきたんだね」

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]
(2010/05/26)
林原めぐみ、緒方恵美 他

商品詳細を見る


Qで一番印象に残ったのはカヲル君でした。

シンジ×アスカ派の私でさえそうだから
カヲシンの皆様ホント成仏してそうだよね(笑)


※新劇場版  感想※

ちなみに当たり前ですがネタバレだらけなので
まだ見てない方は注意して下さいです(^^;)

****** ▼ 追記記事 ▼ ******










今回泣かせ要素はそんなに強くなかったですね。
ただショックな事はとても沢山ありました。

というのも、今回から見事に知らない物語に突入します。

TV版ではつかず離れずの距離を保ちながらも
味方でいてくれたミサトさんとの断絶。
敵として闘う事になるアスカ、

破のあと、やっぱり起こっていたサードインパクト。

てっきり、あれからすぐ人類補完計画が始まるのかと思ってましたが、
起こりかけたサードインパクトは中途半ばなもので
残された現実が、
十数年の時間を経て目覚めたシンジの心を蝕む事になります。

ただ綾波を救いたいだけだった必死の思いが産んだ罪科。
その上唯一の救いになる筈だったレイは、
彼の救いたかったレイではなく、
多分母と一緒に初号機のLCLに返ってしまった…。

…私は、破のレイが好きでした。
破のレイは、TV版とは違って、無垢な残酷さよりも
不器用で一生懸命な優しさを色んな人にあげられる優しい子だったから…。
…破の最初の喪失感は、何より失われた綾波レイでした。

残された世界と綾波に苦しむシンジを支えたのは
やっぱりTV版から歪む事のないカヲル君でした。

シンジと一緒に何かをやる事を心から喜んでいたカヲル君。
一人で出せない音が出る事を喜びながら
「二人って、いいね」と笑ったカヲル。
…TV版の記憶を引き継いでるように見える彼だからこそ、
この言葉は重かったです。

渚カヲルは、17番目の使徒。

使徒である彼には、友の為に出来る事は「死ぬ事」しかなく、
彼が生きる事は人という種属には「害」でしかない。

だからこそTV版のカヲルは
人間であるシンジを好きになることによって、生きる事を諦めました。
自ら死を選ぶ事で、シンジとリリンを祝福しました。

…どんなに嬉しかっただろうと思います。

友達と歩むこと、好きなものと共にある事、
好きなものを、死以外の手段で救おうとする事。

使徒である以上、もしカヲルのシナリオ通りに進んだとしたら
彼の終わりは幸せなものだったかは私にはわかりません。
それでもカヲルは、死以外の手段で、今回シンジを救おうとしていた。
その先に待っているものが何だったのかはわからないけれども、
確かにこの物語の間は、カヲルはシンジと肩を並べて、
シンジを自らの手で救いたいと願っていた。

…それはどれだけの充足だったんだろう。

だからこそ、ロンギヌスの槍のシーンで必死に悩むカヲルの苦悩と焦りは重かったです。

…友達に死ぬ以外何もできないなんて、本当に悲しい。
…だからこそ、違う形でシンジを救おうと頑張っていたカヲルが
 辿り着きたいと願っていた未来を、私もみたかったです。

結局カヲルはミサトさんや人類が
シンジに課した罪科を肩代りして逝ってしまった
ホント最後まで歪みなくカヲル君で、とても悲しかったです…。
「また会えるよ」はやっぱりフォースインパクトを見越しての言葉だったのかな・・・。
でも槍の件で悩んでいた事を考えるとフォースインパクトは
カヲルが望んでいた結末じゃなさそうだし、
そう考えてもやっぱり切ないですね…(;;)。

最後、シンジの手を引いて歩くアスカだけが、なんとなく希望でした。
……私は新劇場版では、レイとシンジを祝福するつもりでした。
レイは、アスカをアスカとして見てくれて、
パイロット以外のアスカの価値を認めてくれた。
私はそれが嬉しかったし、そんなレイが好きだった。
…でももうあのレイはいない。
いないけれども…

「他人と触れ合うのも悪くない」

…劇場版のアスカにそう教えてくれたのは、あのレイだと信じています。

あのレイはもういないけれども、
レイの残した優しい爪痕はこうしてまだ世界に残っていて、
レイがいない世界でも、一人じゃない生き方を
アスカやシンジに残してくれてる。

…Qは基本的に辛いお話だったけれど、
最後だけはそんな希望に満ちた物語でした。


次回はどうなるのかな・・・。
なんか予告見る限りアスカ結構出てくる??みたいな雰囲気ですが、
どんな終わり方になるにしても、
出来ればチルドレンたちにとって
少しでも幸せな終わりになる事を心から祈っています。



テーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。