BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … solaBLOGTOP » アニメ感想 » TITLE … sola

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sola

・・・この作品のヒロインは依人だと思う(笑)。

sola color V(初回限定版) [DVD]sola color V(初回限定版) [DVD]
(2007/10/26)
岡本信彦、能登麻美子

商品詳細を見る


公式HPはこちら

****** ▼ 追記記事 ▼ ******




てな訳で「ONE~輝く季節へ~」と「KANON」の
シナリオライターの久弥直樹先生の初アニメ作。
ONEは里村茜、KANONは月宮あゆと美坂栞シナリオが好きな私なので
嬉々として録画はしたものの忙しくてみてなかったものです。


正直最初の方はかなり微妙でした・・・。
茉莉が依人を好きっていう展開が・・・流石に微妙過ぎるというか・・・
そんな訳で感情移入できないまま進んでいったのですが
蒼乃が退院して核心にシナリオが触れて行ってからは面白かったです。
蒼乃に感情移入できた事が大きかったのかもしれません。

失われた弟を模した紙人形。
それが蒼乃の罪である依人であり、
そしてその罪は蒼乃を夜禍にした茉莉の罪でもあって・・・。
だからこの物語は、茉莉が罪を償う話なんだなと思いながら見ていました。
それでも、茉莉にとっての蒼乃の存在の意味を思うと胸が痛くなります。

太陽に触れると壊れてしまう、空に憧れた少女。
その憧れをくれたのは蒼乃と依人で、
それは悲しみをしる事でもあったけど
「しらないよりずっといい」って彼女は最後まで蒼乃に感謝してた。

茉莉が回想した遠い昔の3人の思い出。
――――依人と蒼乃がみせてくれた洞窟一杯の空の絵――――。

人が人の為にする行動って無意味なものほど優しいと思います。
だって不可能な事を滑稽なまでに実現しようとする心は
全部全部、その人の為のものなんだから。
自分の背よりの高い洞窟の天井に
茉莉を思って一生懸命絵を描いただろう蒼乃と依人を思うと
それはどれだけ茉莉を幸せにしたのだろうと心から思います。

だからこそ茉莉は
依人が逝って、後を追った蒼乃を夜禍として生き返らせてしまった。
・・・寂しいから、温もりが恋しいから・・・。
人から疎まれ、禍と言われた少女に笑顔をくれたのは
蒼乃と依人だったから・・・。
でも亡骸のない依人を生き返らせる事は出来なくて
・・・弟のいない世界に生き返らせた茉莉を蒼乃は激しく恨んだ。
そして彼女は、弟の人形をつくる世界へと没頭してしまった・・・。

・・・結局一人きりで生きる事になっても、
依人に巡り合うまでは一人きりだった世界で、茉莉はいつも笑っていました。
・・・きっとそれは、蒼乃と依人がくれた温かさを忘れたくなかったからだと思います。
笑顔を忘れてしまったら、2人と出会った事の意味がなくなってしまうから・・・。

ただ一人残った蒼乃が、
まっすぐ前をみて生きてくれてよかった。
もう彼女を空は焼かない。
時間も彼女を捕らえない。
だって彼女はもう、夜禍ではなくて、人なのだから。
―――――それが、最後まで彼女の幸せを願った依人と茉莉の
命をかけた贈り物だったのだから。

思い出は優しいからつい振り返りたくも縋りたくもないけど
それでも思い出だけじゃ前に進めない。

茉莉の命と、
紙人形として生まれてもずっと姉の幸せを祈っていた依人の願いを背負って
蒼乃は2人のいない世界を生きる。
――――――それでも、依人が愛した空は何時だって彼女の上にある。
空を見て依人を思って蒼乃がちゃんと微笑えた事。
空を悲しみにしなかった事。
それが本当に良かったなあって心から思います。

お気に入り:森宮蒼乃

テーマ:sola - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。