BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … Angel Beats! 第6話「Family Affair」 BLOGTOP » Angel Beats! » TITLE … Angel Beats! 第6話「Family Affair」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第6話「Family Affair」

とりあえず音無のシンパシー能力は異常(苦笑)

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/06/23)
神谷浩史櫻井浩美

商品詳細を見る

****** ▼ 追記記事 ▼ ******






という訳で今回は直井回と天使回
音無と天使の歩み寄りと、直井のキャラ紹介?と仲間フラグ回??な気がします。

・・・正直、時間のなさを感じたなあ・・・。
直井の回想に関してはこんなものだとは思うのですが
反面、音無の直井への感情移入が凄すぎて
ちょっとびっくりしました。

・・・ゆりの回、日向回も思ったけど
音無って、ちょっと並じゃないほど思いやりがあって
人を深く好きになれる優しくて愛情深い子ですね。
ここ最近は中身がどこかすれた主人公か
おとなしい主人公をよく見る気がするのでかなり新鮮・・・。
音無にとってSSSの仲間は
「やっている事の意義がわからない」のに
行動を共にしてる・・・感情的に大事な存在の筈なのに
それを傷つけた直井の悲劇を
ここまで素直に受け入れられるのはちょっと凄いなあと。
・・・ただ、正直展開の速さが目立つのは確かなので、
音無の感情に振り落とされる視聴者も多そうだなあと思うと
今回は少し心配になった回でした。
・・・やっぱり13話は難しいのかもしれないなあ(汗)

ただ、音無が直井文人を説得する言葉は皆大好きでした。


「俺たちの生きてきた人生は本物だ!何1つ嘘のない人生なんだよ!
 みんな懸命に生きてきた!そうして刻まれてきた記憶なんだ!
 必死に生きてきた記憶なんだよ!
 それがどんなものであろうが、俺たちが生きてきた人生なんだよ!
 それを結果だけ上塗りしようだなんて…
 ・・・おまえの人生だって、本物だったはずだろう!!」

「頑張ったのはお前だ!必死に藻掻いたのはお前だ!違うか!!」
「・・・なら、あんた、認めてくれるのか。この僕を」
「お前以外の何を認めろってんだよ!!
 俺が抱いてるのはお前だ。お前以外いない。
 ・・・お前だけだよ……」


優れた亡き兄の身代わりとなって、兄として生きてきた文人。
・・・誰にも惜しまれなかった無価値な自分の人生ではなく
誰からも必要とされる兄として意味のある人生をいきたい。
・・・その願いから進んだ道は最初の一歩だけで終わってしまって
中途半端な展覧会の栄光は、
父の介護しか出来ない身には傷口に塩を塗るようなもので・・・

・・・音無の腕に抱かれて泣いた文人は
生前、自分を自分として褒めてくれた父の言葉を思い出す事が出来て…
…それは本当に良かったなって思います。
生きていた時に、文人としての幸せな記憶があった事を理解することが出来たのだから。
音無の優しさが文人にそれを教えてくれたんだろうな・・・。

個人的には文人も天使ちゃんも仲間になって欲しいなって思ってます。
そんでもって戦線メンバー(代表としてゆりっぺでもいい)は天使ちゃんに、
文人は戦線メンバーにちゃんと謝ってほしい気もしてます。
・・・ただ丈を考えるとそこまでは無理かなあ(^^;。

ちょっと気になったのは天使ちゃんの言葉。
天使ちゃんと一緒に模範的な行動をすると消える。
そして天使もまた、神でも神の使いでもなくただの人なら
何で天使ちゃんだけが消えないのかなあ??
そこら辺が天使ちゃんの生前の記憶とかに関わってるのかな??
しかし天使ちゃんのマーボー好きなかなり筋金入りみたいで
独房に連れてかれる前に凄い勢いで間食する天使ちゃんが可愛すぎでした(笑)

現在この作品一番の最愛は日向なのですが
最近大山君も可愛くてお気に入りです(^^)♪
前回の天使にコクるので混乱してるのも可愛かったけど
今回頑張って授業中にポテチ食べて
超緊張してるのも滅茶苦茶可愛かったよ~(>▽<)

…そういえば高松は前回から見事に何かをふっ切ったな(^^;。
もはやリトバスの筋肉筋肉~♪とどこが違うのかよくわからん(苦笑)


テーマ:Angel Beats! - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

缶ジュースにも君らしさを読みました♪

直井可愛い!!
とっても彼らしい話でした♪

直井にもお兄ちゃんがいたわけでしょうが、常に比べられる相手だったのでこういう風に甘えたりは出来なかったでしょうね。
普通の家に生まれていたら能力値ではなく個人として見てもらえたはずなのに、そこが直井の不幸の始まりだったように思います。
誰にも甘えられずきた直井は音無に会ってはじめて自分自身を見てもらえて嬉しかったと思います。
そこで成仏しなかったのはまだ甘えたりないから??

おまけ映像見てないのでもしかしたら違うかもしれないけど、直井が神になりたかったのはずっと他人の価値観に従わされ、評価され続けてたからでしょうかね?
今度は自分が神になって価値観を作り、裁く側に回ることを望んだような・・・・・・。
そんな所に直井の幸せは無いのですが、幸せ自体がよくわかっていなかったのかもしれません。
もしかして学校で自由に暴力をふるい、催眠術で皆を操り神となって満足していたら消えていたかも知れませんね。本当の幸せを知らないまま。
優等生として学校生活を送っていただけなら、みんなのようには消えなかったと思います。所詮先生も生徒も優等生である彼自身しか認めてもらっていないような気がしたでしょうから。

また読みに行きます♪

UTさんこんにちは~!

段々少しずつ暖かくなってちょっと嬉しいですね(^^)。
早く春が来るといいなあ。

あ、直井可愛いっていってくれてありがとうございます。
直井はいつも可愛く書こうと思ってるので
そう言って頂けると嬉しいです(^▽^)

> 直井にもお兄ちゃんがいたわけでしょうが、常に比べられる相手だったのでこういう風に甘えたりは出来なかったでしょうね。
> おまけ映像見てないのでもしかしたら違うかもしれないけど、直井が神になりたかったのはずっと他人の価値観に従わされ、評価され続けてたからでしょうかね?

やっぱり13話だけあって直井は過去がそんな触れられずに終わったので
詳しい兄との関係はゲーム待ちなのかなあって思ってます。
(…ゲーム、直井攻略対象だといいなあ…信じてる…)。
なんかそれをいいことに兄との関係とか神とか
散々自分の中でSSで模造しちゃったのでゲームで真実知ったら
青くなりそうで実は怖かったりします(苦笑)。

> 誰にも甘えられずきた直井は音無に会ってはじめて自分自身を見てもらえて嬉しかったと思います。
> そこで成仏しなかったのはまだ甘えたりないから??

なんか音無さんと一緒にいるのが喜びだから
音無さんが卒業しなきゃ卒業無理って監督に言われてました(笑)。
当時それ聞いて「あ、じゃあ最終回までいそう…」って安心したものです(^^)

> 今度は自分が神になって価値観を作り、裁く側に回ることを望んだような・・・・・・。

触れられなかったからいろんな解釈が出来るので
UTさんの解釈もありそうですよね。
私は別に解釈してて、こっそりユイの卒業した時にお話に
ちょっと盛り込んでたりしてます(笑)。

私はSS書いてるのは好きで幸せにしてあげたいからお話作るのが一つの理由なんですが
もう一つの理由は「自分なりの解釈を人と共有したい」っていうのがあったりします(笑)。
そういう意味では直井はあんまり描いてもらえなかったので(;;)
色々想像し甲斐があって楽しかったりします(^^)。

お忙しい中コメントありがとうございます(^^)。
またお時間がある時にでもかまってくださいです~!!

sentimental day読みました♪

日向良い奴ですよね!
もう名字が現すとおり、日向を思わせる人です。
直井は音無さんにしか懐かなかったけど、あと1年みんなと一緒に居られたら日向とは仲良く(悪友として?)なれたような気もします。
ブログにも書いてあったけど、日向は他のメンバーに比べればまだかなり青春していた普通の人生を送っていたと思います。
そこが彼の強さなのかもしれません。
日向が生まれ変わって、また野球をして、大事な試合の時に友人がエラーしたために甲子園に行けなくなっても彼だけは責めないだろうなと思います。
それと同じように、口ではギャーギャー言ってたけど、直井を嫌いではなかったと思います。
むしろ孤立してる直井の事はちょっと心配していたかも。


直井は幼い頃から特殊な環境に育ち、誰かと何かを成し遂げたり、共感し合ったり出来る機会がなかったから、音無さんに認めてもらってはじめて一歩踏み出せたばかり。だからいきなり突き放すのは日向のいうようにやっぱり無理な気がします。
とはいえ、支える柱が一本しかないのは危険ですよね。
人が成長していく過程で支柱は増えていくものなのですが、直井の場合はまずしっかりした柱に支えてもらわないと・・・・・・。
直井以上に長い間宿敵であった天使ちゃんに見せた気遣いを直井にも分けてあげて欲しかったなぁ。
でも、直井のためを思ってわざと突き放していたなら嬉しいなあ。

正直、最後に天使ちゃんと二人っきりになったとき、天使ちゃんに望んだ言葉を直井に言ったなら、直井は受けたと思う。
ずっと二人で居られて、音無さんが望むように迷い込んできた不幸な子供達を成仏させる手伝いをする。
迷い込んできた人たちは直井の生徒会時代の悪逆非道事を知らなくて、否定され続けた生前も知らない。新しい自分となって音無さんと力を合わせて頑張る。すごくやりがいのある楽しい仕事だったと思います。
でも、音無さんが卒業を決めたなら、ちゃんと生まれ直して新しい自分となりまたきっと出会い直すことが出来る。そう思って逝ったと思うので音無さんが成仏せずに天使ちゃんと留まっていたら悲しいですよね。最終回はちょっとずるいかなあと思っちゃいました。
TVは少し急ぎすぎた印象があるので直井含め、もう少し時間をかけて作れれば良かった気がします。
ゲームより制約が多いから難しいですけどね。
他のメンバーがどうやって成仏したのか気になります!!

お返事遅れてしまってすみませんです~!

日向はホントにいい奴ですよね!!

直井は可愛いなあ、わんこみたいだなあって感じで
みてて可愛くて好きなんですけど
日向は好みな男性のモロストライクなので(笑)
友達にどっちが好きなのかよくわからんと言われる位
日向好きだったりします(^^)。
好きのベクトルがちょっと違うんですよね(^^;

> 日向が生まれ変わって、また野球をして、
> 大事な試合の時に友人がエラーしたために甲子園に行けなくなっても
> 彼だけは責めないだろうなと思います。

私もそう思います。
少なくとも私が知ってる日向なら、絶対責めないだろうなって…。
スポーツって勝つ為だけじゃなくて、力を合わせる為にやる競技なのに
どうしてこんなことになってしまったのかと辛くなります…。
…でも日向がいなかったら、私のAB!の読後感って全然違ったと思うので
やっぱり日向がいてくれて良かったなあともつい思ってしまいます(^^;

> 直井を嫌いではなかったと思います。
> むしろ孤立してる直井の事はちょっと心配していたかも。

実は日向の声優さんが、直井もあれはあれで可愛いって
インタビューって言ってくれてホントにすごく嬉しかったです(^^)。
…ああ、そう思ってくれた人が声を当ててくれたから
あんなに日向と直井はいい関係になれたのかなって…。
日向はホントに優しいと思います。
…優しさが全然恩着せがましくない所が
ホントに憎らしい位にカッコいいです(笑)

> 直井は幼い頃から特殊な環境に育ち、誰かと何かを成し遂げたり、共感し合ったり出来る機会がなかったから、音無さんに認めてもらってはじめて一歩踏み出せたばかり。だからいきなり突き放すのは日向のいうようにやっぱり無理な気がします。
> とはいえ、支える柱が一本しかないのは危険ですよね。

DVDのキャラコメとか見てると結構直井は
ちゃんとSSSの皆と仲良くやれてたみたいです。
声を当ててくれる緒方さんが、皆に心を開き始めていた、
だから日向とあんなにいい感じに喧嘩が出来たって
そう言ってくれてたのを聞いて救われた気がしました…。

文人の心は、健人と入れ替わった時点で止まってしまって
音無さんに救ってもらえて、ようやく動き出した気がしてるので
短い時間に音無さん以外も見えてたんだって思うと
本当に良かったなあって思います。
…願わくば、本編でそういった描写も見せてもらいたかったですが
やっぱり時間がないから仕方なかったのかもですよね…。
…ホントにゲームに期待してます!!

>
> 正直、最後に天使ちゃんと二人っきりになったとき、天使ちゃんに望んだ言葉を直井に言ったなら、直井は受けたと思う。

私も正直受けたと思います…。
そこまで直井はしっかりした自我があるようには見えませんし、
…やっぱりいつでも成仏出来るのにずっと留まってたらしいのを見ると、
音無さんといたくて仕方がなかったんだろうなって
やっぱりそう思っちゃうので…。

> ずっと二人で居られて、音無さんが望むように迷い込んできた不幸な子供達を成仏させる手伝いをする。
> 迷い込んできた人たちは直井の生徒会時代の悪逆非道事を知らなくて、否定され続けた生前も知らない。新しい自分となって音無さんと力を合わせて頑張る。すごくやりがいのある楽しい仕事だったと思います。

皆を見送った後に、そうしていく事が正しい事だとは思えないけれども
…それでも、直井は疑問はもたないしきっと幸せそうに頑張ったと思います…。
…そう考えると、やっぱりそう言わないでくれて良かった…。
でも反面、音無さんにそう言ってもらえたら
直井はきっと凄い幸せなんだろうなって心から思えて複雑な気持ちになりますね…。

> でも、音無さんが卒業を決めたなら、ちゃんと生まれ直して新しい自分となりまたきっと出会い直すことが出来る。そう思って逝ったと思うので音無さんが成仏せずに天使ちゃんと留まっていたら悲しいですよね。最終回はちょっとずるいかなあと思っちゃいました。

あのシーンはインタビューとか見ると「綺麗ではない」シーンなんだそうです。
だからUTさんがそう感じたのも製作者の意図通りで
放送時のファンの反応もあまり好意的ではないようにみえました…。

人の弱さとか書くのが好きなライターさんなので
そういう意味もあったのかなって今は思ってます。
…でも確かに、ずるいですよね(笑)。
…人ってやっぱり難しいなって心から思います。

> TVは少し急ぎすぎた印象があるので直井含め、もう少し時間をかけて作れれば良かった気がします。
> ゲームより制約が多いから難しいですけどね。
> 他のメンバーがどうやって成仏したのか気になります!!

他のメンバーの過去とかやってくれるみたいなので
ホントに今からゲームを楽しみにしてます(^^)。
元々ゲームのライターさんなので、ゲームでは
麻枝さんらしい素敵な作品が見えるって期待してはしてたりします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。