BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … BALDR SKY Dive2 BLOGTOP » ゲーム感想 » TITLE … BALDR SKY Dive2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BALDR SKY Dive2

・・・バルドフォースは超えられなかったかな・・・。
正直フォースが好きだったので
期待しすぎちゃったのがわかってるので辛口です。
総じては良い作品だったと思ってます。

Dive1感想はこちら

BALDRSKY Dive2  BALDRSKY Dive2 "RECORDARE" 初回版
(2009/11/27)
Windows

商品詳細を見る

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

バルドフォースが、一人づつのヒロインを攻略することで
謎を小出しにして、最後に収束する方法を取ってるのに対し、
この作品は4人目までは世界観のベース設定部分の解答を出しつつ
5人目のヒロインで人間関係の根幹をひっくり返します。
そういう意味で良くも悪くも他ヒロインのルートは補足であり
最後の空ルートこそが真相であるシナリオです。

相変わらず歌の使い方がうまくて
最後のルートで前作や今作のOPが流れた所も非常に燃えました。
親父もカッコよくって、親友も良い奴揃いで
ヒロインもそんなに癖がない良い子が多いので
非常に取っつきやすい作品だったのですが
・・・反面、展開がスタンダードすぎて大きな驚きもなかったの実情・・・。
フォースの憐とかゲンハの衝撃が大きかったので
あのレベルを期待してたのが悪かったんだろうなあ・・・。
最後のルートの中盤の落ちも途中で気付いてしまってました(汗)
ジルベルトは・・・ゲンハポジションを期待しすぎました。
ただまあ冷静に考えれば悪役を貫いただけなので
小物ぽっかった事以外は悪くはなかったと思うのですが
・・・なんか発作みたいなの起こしてたし何かあるのかなあと思ってたんだけどなあ・・・。

AIの「あなたたちを友人と思っている」は結構じーんと来ました。
・・・種の本能から、生物は他の生物を淘汰する。
それでも、AIネットワークは進化の末に独立した思考を勝ち取り
その上で人類を「友人」と呼んだ。
・・・その言葉に甲と同じように心がじんわり温かくなりました。
ネットワークを介したリンクが模倣体の甲を目覚めさせ、
並行世界の甲の願いを体現し、並行世界の甲を救った。
最後の章はホントにAIネットワークと
人類の絆そのものだったなあと思います。
各世界の甲を思って空ルートの甲が戦うシーンはかなり燃えました。

個人的には空よりクゥのが好きでした(笑)。
多分フォースよりずっとコンシューマー化しやすそうな作品なので
多分コンシューマー化するんじゃないかなあと思ってます。
廉価版かコンシューマー版で一緒になったのが出たら
多分買いやすくなるんじゃないかなあ…。
2本は買うのは少し辛い出来だと思ってるのですが
1本と考えれば問題なく良作だと思うのでそうなる事を祈ってます。

好きなキャラ:レイン、門倉栄二、須藤雅、クゥ、久利原直樹

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。