BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … つないだ手が、離れてしまっても…【うみねこのなく頃に・嘉音&紗音】BLOGTOP » SS » TITLE … つないだ手が、離れてしまっても…【うみねこのなく頃に・嘉音&紗音】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つないだ手が、離れてしまっても…【うみねこのなく頃に・嘉音&紗音】

ホワイトデーのお話ですがカノジェシではなりません(爆)。
カノジェシ前提での紗音と嘉音のお話です。
前回の「一番の気持ちをこめて」の続きでもあります。
ついでに恐ろしく時期外れで申し訳ありません(滝汗)

うみねこに最初に興味をもったのはEP1でした。

当時は譲治×紗音が好きで、
嘉音と紗音の姉弟愛が好きな紗音総受け(苦笑)でした。
…なんかその時期が微妙に懐かしいです(笑)

…これ書きながら現在は自分が精神的な意味で嘉音総受けな気がしてきました(苦笑)。
紗音も朱志香も、嘉音君好きすぎる(笑)

****** ▼ 追記記事 ▼ ******
















コンコン・・・


・・・あ、いけない。転寝してた。

使用人控室のソファでうとうとしていた私は
ノックの音に眠い目を擦りながら控室の扉をあける。

カチャ・・・

軽快な音をたてて扉が開くと
目の前には私より少し小さな男の子が私をみあげていた。
・・・去年には抜かれちゃったけど
来たばかりの嘉音君は、私より小さくてとても可愛かった。

「・・・あれ?嘉音君。今日はお休みじゃなかった?」

私がそういうと、相変わらず仏頂面の嘉音君は
無言で腕の中に贈り物を押し付けてきた。

リボンで飾られた大きなくまのぬいぐるみ。

目をぱちくりする私に、嘉音君は困った顔で言う。

バレンタインデーにもらったからって。


・・・大きなぬいぐるみはすっごく可愛くて高そうで
私が送ったトリュフのセットとはとても釣り合わなくて私は正直慌てた。
こんないいものじゃなくてよかったのに…と
私が嘉音君のお財布を心配して言った言葉に嘉音君は真顔で首を振る。

・・・だって姉さんには、世話になってるから・・・って。


・・・その言葉が嬉しくて、私はそのあと、お返しに街で嘉音君と食事をした。
ホワイトデーにもらいすぎちゃった分、嘉音君の分の会計もすませちゃった私。
慌てた嘉音君に、私は笑って言ったのだ。

私だって、嘉音君にいっぱいお世話になってるんだよ。・・・って。

・・・それから毎年、嘉音君のホワイトデーは結構力が入ってて
私は毎回、お礼に嘉音君をご飯に誘った。
・・・嘉音君がきてからずっと続いてた時間。
だから今年も、凄く、楽しみだった。



・・・なのに今年のホワイトデーは

         ・・・なぜか嘉音君は、私を見ると逃げてしまうのだ・・・。






つないだ手が、離れてしまっても・・・






「えへへへへ。お花にネックレスにホワイトチョコレート♪
何より今までなかったメッセージカードがついてるのが一番ポイント高いぜ♪
やーー、なんか毎年嘉哉君のお返しは結構リッチだったけど
今年は去年より力入っててなんかもーー両想いって感じでテレるぜ♪」

「・・・・・・・・・・・・・・。」

「・・・??あれれ??紗音??」

「・・・・・・・・・・・・・・。」

「おーい、聞いてんのかよ??。」

「・・・聞いてます・・・」

「あ?そう?・・・な、なんか紗音。機嫌悪くない??」

眼の前には嘉音君の贈り物を広げてすっごく嬉しそうなお嬢様。
・・・毎年、立派なプレゼントに、喜びながら
手紙がない事に一喜一憂してたお嬢様には
嘉音君のメッセージカードが一番お気に入りなのは見るだけでよくわかった。

・・・だってそこに、しっかりとした気持があるから。

「おーい。しゃのーーん??」

目の前にはお嬢様のふわふわした金色の髪。
ちょっと心配そうに私を覗き込む丸い目。

「なんか心配事とかあったらいってくれよな??
私と紗音は友達なんだからさ。」

「・・・・・・・・・・・・ありがとうございます。」

「譲治兄さんと、ひょっとしてうまくいってないのかよ??
それとも、ひょっとして体調とか悪いとか??」

・・・私は笑う。
・・・嘉音君と朱志香様がうまくいってほしかったのはホント。
だから、私はホントは寂しいなんていっちゃいけなくて・・・

「いいえ、多分、夏には、結婚します。
ただ、今日は疲れてて・・・
・・・でも、嘉音君とお嬢様がうまくいってて、凄く、嬉しいです。」

私の言葉に、お嬢様は真っ赤になって嬉しそうに笑って照れてた。

・・・いつもはなんて事のないお嬢様の幸せそうな様子が、
             ほんの少し、私の心には痛かった。

・・・子供を取られちゃったお母さんってこんな気持ちなのかな。

そんな事を思いつつ、お嬢様に心配をかけないように私は出来るだけ柔らかく微笑む。

・・・ホントは、今年のホワイトデーは、譲治さんより、嘉音君のお返しが楽しみだった。
・・・結婚する前に、嘉音君と一緒に、いつものお食事会をしたかったから・・・。








・・・月が傾く。

結局その日一日。嘉音君は私を見ると逃げてしまった・・・。

・・・別に、お返しが欲しかった訳じゃない。
それでも、避けられてるのが悲しくて・・・

・・・嘉音君は、私が夏には六軒島にいないのをしってるのに・・・
・・・私と過ごす時間が大事じゃないのかな・・・。
・・・お嬢様がいるなら、私なんていらないのかな・・・。
・・・ずっとずっと、仲良しだったのに・・・。

うつむきがちな心は、ずっと下向きで、
だから、すぐに気付いた。
私の個室の扉の下に、封筒が差し込まれてる事を。

「・・・??」

首をかしげて封筒を拾い上げる。
封をあけると、几帳面な見慣れた字が飛び込んできた。

私はそれを読んで、大急ぎで隣の部屋をたたく。
その時私は確かに笑ってた。









 姉さんへ。


 バレンタイン、いつもありがとう。
 今年もらったチョコレートとハンカチのセットも
 とても美味しかったし、大事にしています。
 来年はきっと姉さんは譲治様の奥さんだから
 もうもらえないんだろうなと思うと、少し寂しいです。

 多分最後のホワイトデーのお返しになると思うから
 今年は、何を買おうかとても悩んだけれど
 東京の帝国ホテルのディナー券を二枚、贈ろうと決めました。
 譲治様と2人で、楽しんできてくれればと思います。

 ・・・家具だった頃の僕には、
 形に残らないものの価値なんてわからなかったけど
 今は姉さんと朱志香のお陰で、それが大切なものなんだとわかります。
 だからこそ、姉さんがいなくなるまでの時間が
 今はとても辛くて悲しくて、でもとても大切に感じます。

 もう僕は、姉さんと一緒に島を出る事は出来ないし
 朱志香と一緒にこの島で頑張っていきたいと思っています。
 そしてそれを姉さんが望んでくれる事も知っています。
 だから、僕はこの島で朱志香と二人で頑張ります。
 姉さんも、来年は譲治様と二人で
 新しい生活を頑張ってほしいと心から願っています。

 ・・・ただ、もし姉さんが迷惑でなければ
 姉さんが結婚して島を出ていく前に、
 いつものように一緒に食事にいけたらと思います。
 ささやかな小さな店で良いので
 僕に姉さんと過ごした思い出をもう一つ贈ってもらえたら嬉しいです。

 いつも一緒にいてくれた姉さんに心から感謝しています。
 六軒島で姉さんと一緒に働けて、本当に良かった。

               
                      嘉音




「嘉音君、一緒にホテルのディナー、いこう!!」

「!?・・・……え・・・ええっ!姉さん、困るよっ!!
それは譲治様と行ってよ!!
僕なんかが姉さんとそんな所に行ったら・・・流石に譲治様に悪いし・・・」

「いいのっ、私は嘉音君といきたいのっ。
姉さんが贈られたものを、姉さんが行きたい人といくの。
ね、それでいいでしょう??」

扉を開けるなり嘉音君の両手を握って笑う私に驚いて
真っ赤になった嘉音君は困った顔でそう言う。

・・・つないだ手から伝わるのは暖かな人のぬくもり。

何度手をつないで励まし合っただろう。
何度泣いた涙を一緒に拭いあっただろう。

秋からはつらい事があって励ましてくれる手はこの手じゃない。
嘉音君を励ます手も、飽きるほど見た私の指先じゃない。

それはとても悲しい事だけど、
別れた後にもお互いの手を取ってくれる人がちゃんと別にいる事は
本当にとても幸せな事・・・。

「ねえ嘉音君、離れても私は嘉音君の姉さんだからね。
ちゃんと、困ったことがあったら、姉さんに電話してね。」

私の言葉に、嘉音君は目を一瞬瞬かせて
・・・・・・・・・そして、嬉しそうに、優しく笑った。

「うん、離れていても、僕は姉さんの弟だ。
・・・だから姉さんも、僕の姉さんなんだよね・・・。」

・・・血はつながってないけど。
 だからこそ私たちは、姉と弟であることを、自らの意思で、選んだのだから・・・
 
…心を否定された家具の頃に、自らの意思で、お互いの手を選んだのだから…

夏には、離れ離れになる温かい手。

それでも

譲治さんへの愛とは違う愛だけど


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・世界で一番、愛してる。



(FIN)


嘉音と紗音が大好きです。
個人的に疑似家族設定が大好きで(普通の家族より疑似家族のが好き)
うみねこに最初に好きになったのがEP1の嘉音、紗音姉弟愛&紗音、譲治CP、
んでハマった原因がEP2の嘉音、朱志香CPなので
カノジェシの次にカノシャノ姉弟愛が大好きだったりします。

・・・とりあえず木曜日は試験なのですが
今日は一日休みの日と決めたので隙を見てホワイトデー話を書いてみました。
・・・カノジェシじゃないのが自分ではどうかと思いますが(爆)
書いててとっても楽しかったです。
・・・時間があったらもう少し手を加えられたんだけどな(泣)。

テーマ:うみねこのなく頃に - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。