BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … TTT外伝 女性キャラ語り パート1BLOGTOP » TTT外伝関係 » TITLE … TTT外伝 女性キャラ語り パート1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTT外伝 女性キャラ語り パート1

今回は外伝の女の子語り。
こっちも長くなったので二回に分けたいと思います。

今回はリアンノン、モルガン、オクタヴィア、スィール、ラスティでいきます★

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

リアンノン

相変わらず優遇されてました。
夫婦愛みたいなのを強調されたのは
今回リアンノン位じゃなかったかな??
正妻の地位は本編終わっても安泰みたいで何かとっても一安心♪
個人的にリアンノンは一番アロウンの弱さをわかってるキャラだと思ってます。
どうもしっかりし過ぎて気付かれにくいけど凄く脆い所があるアロウン様の傍に
リアンノンがいるとちゃんと幸せにしてくれそうで安心できます。
今回もよい奥様ぶりでした。内助の功だね!リアンノン♪
・・・でも確かに・・・もう恋する乙女とか新妻は厳しいかもしれないなあ(笑)。

一章でアロウン様に抱きついていいって喜んでる所とか、
ガイウスに駆け落ち誘われた現場を押さえちゃったアロウン様が
ショック受けてすごすご帰ってくイベントとか凄く好き♪
特に後者は滅茶苦茶嬉しくて
終わった後セーブ起こして何度か見ちゃってたりしました(笑)。
やばいなあ。可愛いなあ。アロウン様(笑)。
このイベントはリアンノンもてまくっててとっても嬉しかった(笑)。

13番目の因果の糸を作る為に
アロウン様を刺すイベントもリアンノンでびっくり。
ホントにPS3版からはリアンノン優遇されてるよなあ・・・。
今回はアルサルよりリアンノンの方が見せ場があった気がします。
良くも悪くも、本当の意味で怒らなきゃいけないアロウン様の悪い所を
怒れるのはリアンノンだけだと思ってるのでこのイベントは凄く良かった。
本編のガイウスとの対話とかみてても
リアンノンは幸せになる強かさをもってて
そういう所はすごく、アロウン様には必要な所だと思います。
だからこれからも大好きな旦那さまを
リアンノンには支え続けてもらいたいなあと思います(^^)


モルガン

リディアとオクタヴィア争奪戦してました(笑)。
なんでそーなるねんと何度突っ込んだか微妙にしれません(笑)。
・・・ふつー女友達が別の女友達と仲良くしてても
寂しくはあるかもだけど、悔しくはない気がするんだが(^^;
ホント今回同人要素強かったよなあ。しみじみ。
相変わらずの爺ちゃん語りが好きでした。
モルガンの爺ちゃんはホントに良い男だと思う(笑)。

リディアにオクタヴィアを頼むって言われて
こいつ意外に泣き虫だもんなって言う所はよかったです。
モルガンのこういう開けっ広げの所は
好きな時と苦手な時があるんだけど
この言葉は何か温かくて良かったなと思います。


オクタヴィア

今回の主役その二。
個人的にリディアが気に入った私にとって
本編メインシナリオの感情移入を担ったキャラでもありました。

狩りのイベントが凄く好きで、
一生懸命、皆とリディアを仲良くさせようとしてるオクタヴィアが好きでした。
「余はオクタヴィアさえいればよい」と困ったことをいうリディアを
何とか皆と仲良くさせたかったオクタヴィアは
きっと、アヴァロンに来て沢山学んだ事があったんだろうな。
ゲームのオクタヴィアはそれほどアヴァロンに救われた感覚はなかったけど、
それでも、やっぱり帝国とは全く異なるアヴァロンの風土に
感じる所があったのかなあと思いました。

星のかけらの章は全体的に大好きで
リディアの為に一生懸命頑張るオクタヴィアが凄く良かったです。
冷たくなっていくリディアをこの世に引き留める事が出来て
本当に嬉しそうだったオクタヴィアが何か凄く切なくて悲しかったな・・・。
やっぱり最後は別れることになるだろうなあってわかってはいたし…。

まっすぐでいいやつなんだって
困った奴であることを認めながらリディアをかばってた
オクタヴィアが何となく忘れられません。
良い点と悪い点、わかった上で好きって言える。
ホントにこれが友達だよなあと思う。
手間がかかって世話が焼けてめんどくさいけど
それでもそれ以上に傍にいたいからオクタヴィアはリディアと友達になったんだろうな。

オクタヴィアとリディア関係はリディアのあたりで
まとめて語ろうと思うのでとりあえずここらへんで辞めときます★


スィール

・・・魚市場が非常に可哀想だった(汗)。エポナ、流石にやりすぎ(^^;。
・・・ついでに競りにタリエシンが参加したら
どうしようと思わずどきどきしてました(^^;。
正直、ここまでの外伝の奴なら普通にやりそうだったけど、
意外にこの時は大人しくて安心しました(^^;。
お陰で、洒落にならない時は前半でもボケてない事に気付けたので
(・・・そういう意味ではある意味空気は読んでる・・・。迷惑な読み方だが・・・。)
アルサルの沐浴や3章の神殿含めて、つっこんで欲しくてボケてたんだろうな。
スィールやラスティしかいない時は普通に接してたし。
まあどっちにしろ音楽室のエポナは正論だと思う。ホント今回変態すぎ(笑)。

魚市場は非常に男性向けだったり、
かといって、別の場所では非常に女性向けなシーンが多かったりして
ある意味今回どっち向けでもあるんだけど、健全でもなくて
いろんな意味で今回シナリオはあくが強かったなあ・・・。
皆ギャグと割り切って進めてたけど。

敵にまわった時に恐怖の串刺し妖精??だったかな?みたいに
アルサルに言われた時に「だからお前は彼女できないんだよ!!」と
大うけしてアルサルに突っ込み入れた記憶が(笑)。
こんな可愛い子にそりゃないだろ(笑)。
まあ確かにある意味恐怖の串刺し妖精なんだけどさ(^^;。
本編の時はスィールは最強だと思ってました。
・・・ただ外伝最強妖精は前衛をちゃんと配置してるエポナだと思う。
DEFは低すぎて一撃で普通に沈むけど、魔力が凄くて優秀すぎる(笑)。
このゲーム人間より妖精族のが使い勝手いいよね。ラスティも強いし。

何か今回はどこが好きってのはないんだけどホント愛らしくて、
アロウン様に癒し系って言われた時のスィールはホントに可愛かった。
・・・素直で大人しくて可愛いよな。スィール。
PC版じゃ悲観的な所が苦手キャラだったのに、
PS3版からはホント健気なキャラに見えます。
スィール岬とパラディウム塔がホントに自分好みのシナリオ過ぎました。

パラディウム塔で一番強い奴って言われた時に
ラスティが出るから、おずおずと私も・・・って出てきたり、
「私も恋する乙女♪」って喜んでる所かすっごく可愛かったです。

ラスティ

相変わらずスィールとコンビですごく可愛いv。
モルガン達を取り戻した後にスィールがいなくて
心配してるのがすっごく可愛かったです。
OPで前回の可愛いドレス着てた画像が出てたから
今回も女装するのかな??って思ってたんだけど
今回はしなかったですね。ちょっと残念。

スィールと二人で、アロウン様に
「妖精族達はいつだってアロウン様と共にあります」って
ついてきてくれる所は、本編から大好きなので今回もあって嬉しかった。
その上、今回はエポナが「・・・私も入ってるのね」って
つっこみを入れる所が何か可愛かったです(笑)。
エポナ普通に帰りたそうだったもんね(^^;。


テーマ:ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- - ジャンル:ゲーム

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。