BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ティアーズ・トゥ・ティアラ 第24話 グラヴィタスBLOGTOP » ティアーズ・トゥ・ティアラ » TITLE … ティアーズ・トゥ・ティアラ 第24話 グラヴィタス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第24話 グラヴィタス

もっと前にモブキャラでいいから魔道士戦やってほしかったなあ・・・。

ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(初回限定版) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」&Amazon.co.jpオリジナル「カスタムジャケット(5枚)」付きティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(初回限定版) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」&Amazon.co.jpオリジナル「カスタムジャケット(5枚)」付き
(2009/09/17)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

外伝は今週です♪amazonだから金曜日に届くといいなあ♪

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


アルサルの攻撃をドルウクが防御魔法陣で流す所は
「ドルウクがやっても」かっこよかった。
・・・普通の見かけのキャラがやってくれたら
きっと滅茶苦茶かっこいいだろうに。
・・・レクトールやってくれないかなあ。わくわく(>▽<)/。
最後に出てきたレクトールはホントに真っ白で、青いパーツも
薄い青になってて透明な感じがイメージに近くて凄く良かった♪

今回は戦闘ばっかなのでみてて楽しかったです。
特にオクタヴィアとモルガンの所がかっこよくてよかった。
まあ、籠城戦の焼き増しっていったら焼き増しなんだけど
それでもかっこいいし、アニメのオクタヴィアは
モルガンが好きで仲間になってるので感慨もひとしお。
・・・しかしクレオン、お前なんで出てきたんだ(苦笑)。
まあゴルメスだけ倒してても緊迫感が出ないから
具体的な人間の敵キャラをとりあえず置いたって感じなのかな?

スィールとラスティの妖精族の勇者達はやっぱり違和感・・・。
あのイベントやってないので自分で自分を
自画自賛してるようにどうしても見えちゃうんだよなあ・・・・・・。
ゲームだとアロウンの信頼に応えたいっていう
純粋な気持ちに見えたんだけどな・・・。
やっぱり物語の流れって大切だよなあと思います。
アニメは何か名シーンだけくりぬいてる感じがして
結構ちぐはぐなのが気になるんだよなあ・・・。
普通に「アロウン様、待っていてください」
「僕たちは絶対負けないよ!」の方が良かった気がするなあ・・・。

・・・ドルウク戦、兄さま囚われのお姫様化(爆)。
リアンノンが王子様になって頑張ります(笑)
おードルウク強いね!!
あの巨体が舞いあがって天空をくるくる回るのが何か笑えた。
ゲームだとリアンノンが支配から逃れてからは
ふつーに弱かったのでちょっとびっくり。
空間転移あたりは、力の言葉へつながる複線なんでしょうね。
今のところ、それほど大きな魔力の発露は
リアンノンはしてないしね。
グラヴィタスの影響を受けたドルウクに魔力の力の大きさを
認めさせたのは彼女の未知数の可能性を感じて良かったです。

オガムとアロウンはグラヴィタス発生装置へ。
ゲームだと魔法で壊したけど、こっちはオガムの初源の炎。
これもとりあえずここで一山って感じなんだろうな。
竜化したオガムがアロウンに心の中で話しかける所は
なんかホントに切ないなあと思いました。
確かにオガムはこの時のためにずっとずっと
アロウンよりも長い時間を頑張ってきてるんだもんね・・・。

力の言葉のあたり。
どーもプィル様の立居振舞と上品さは
PS3>>>>PC版>>>アニメ版って感じだなあ(^^;。
アニメのプィルはアニメのアルサルと雰囲気が良く似てるよね。
個人的にはPC版のプィルが一番好きなのですが、
この微妙な上品さって難しいんだなと思った。
心ばせが熱くて、その上で品が良いというか・・・。
しかしアニメのプリムラはホントに可愛い(^^)。

空中庭園はすごくきれい。
リアンノンを抱き上げてくるくるする
モルガンは普通に男前だった。
リアンノン、お前モルガンにもお姫様扱いかよ(笑)。

最後に出てきた両手に抱えた花をパッと空になげて笑う
レクトールがいい感じでいっちゃってていい感じ♪
来週は防御魔法陣使ってくれるといいなあ。
レクトールであれがみたいよ。わくわく(>▽<)

とりあえず後二話ですね(^^)。
次回もかっこいい戦闘を楽しみにしています。


テーマ:ティアーズ・トゥ・ティアラ - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■ティアーズ・トゥ・ティアラ ???「グラヴィタス」

 いよいよ十二精霊にせまる  簡易版  今回は何より戦闘シーンの描写が迫力と動きがあって素晴らしかったですね。  特にアルサル・リ...
2009/09/21(月) 17:01:54 | アニメを考えるブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。