BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … PS3版TTT 終章「超えてゆく者」BLOGTOP » PS3版TTT感想 » TITLE … PS3版TTT 終章「超えてゆく者」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3版TTT 終章「超えてゆく者」

なんだかんだで一月かかっちゃいました。
PS3版はプィル様好きには天国でしたね~。
最後までプィル様出まくりで嬉しかったです(^^)。

アニメ18話の感想は来週になると思います。
ゲーム版だけは早目にと思って頑張って書いたもので…。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

…完全に別物でした(笑)。
何かバトルだけしてたPC版と違って
戦いのドラマがあるので
パラディウム塔のバトルが熱い熱い(^^)。
元々★矢からマンガを読み始めた人間なので
主人公たちを先に行かす為に仲間が次々と
残っていく展開が大好きなのですっごく楽しかったです!

その中でも好きだったのがスィールとラスティ。
私は臆病だったり弱い子が、それでも大切なものを思って
恐怖に立ち向かい頑張る姿が大好きなので
スィールが復活の大窯を絶対壊さなきゃいけないって
戦おうって言ってくれたのが凄くうれしかった。
私って不幸です…っていじけてたスィールが
父祖達の悲しみや、惨い事への義憤をもって
戦う事を選んでくれたのが嬉しかったな。
プィル様のエピグラフの前で
私だって頑張るって言ってたスィールが頑張ってる姿を、
きっと天国の父祖達は優しい目で見守ってくれてたと思います。

因みにスィールとラスティと別れる前の
アロウン様のプィル様語りに非常に萌えました(笑)。
今のアルサルがしたかった事は昔のプィル様がしたかった事って聞いて
「そっか、プィル様寝てばっかのアロウン様を起こして
毎日仲良く一緒に働きたかったんだね!!」
と思って楽しくうけてたら最後、約束だったらしく、
何か無性に申し訳なくなりました(笑)。
ごめんよ、アロウン様、ぐうたらとか思って(^^;

PS3版のアロウン様はホントに
スィールとラスティが可愛くて仕方ないみたいですね(笑)。
リアンノンもアルサルも可愛いけど、スィールやラスティは
リアンノンやアルサルほどしっかりしてたり強くないから
この二人とは違う意味で可愛くて可愛くて仕方ないんだろうなあ。
だからこそ、二人を置いていく事になって
一瞬動揺するアロウン様が良かったですよ…。
やっぱり、アロウンが愛したのは人間より妖精であってほしいと思う…。
アロウンが認めて希望を託したのは人間でも、
彼と一緒に立ちあがったのは人間じゃなくて妖精なんだもん。
だからやっぱり、スィールやラスティに
優しいアロウン様は凄く好きだなあと思います。

ネクロムリディアとの別離は切なかったな…。
百合、薔薇とも苦手な私には正直とっつきにくかった方だったけど
彼女のオクタヴィアへの気持ちは本物だったと思う。
確かに彼女はオクタヴィアに恋してたんだろうね…。
ちゃんと同じ条件でまっすぐな剣を構えて勝負をやり直したい…。
彼女は本当にまっすぐな人だったんだろうなあ…。
真っ直ぐすぎて、極端すぎる。
…だからこんなに残酷な人になってしまったのが
なんか凄く悲しいなと思う…。
神聖帝国がもっと優しくて、ガイウスの願ったような寛容な国だったら
きっと潔癖だけど普通の子になったんじゃないかなあ…。
なにより、ネクロムでありたくなかったリディアの言葉は
如何に復活の大窯が無慈悲な兵器であったかを教えてくれて
やっぱりレクトール達を許せない気持になりました。

アルサルとリアンノンまでアロウンを行かせるために
残ると思わなかったのでここはびっくり。
オガム、アロウン様独り占めですね(笑)。
そんでもって、ここで、リアンノンの最終複線発動…。
…ちょっとやな予感がしたのですが、
どうも最終章はリアンノンのターンだったらしい…。
アロウンvリアンノン好きな私としては嬉しいような…
…最終章はアルサルを立ててほしかったような
…微妙な気分になりました。

アルサルとリアンノンと別れてからの
オガムのアロウン様の持ち上げっぷりがホント可愛い。
じじい、どんだけアロウン好きなんだよ(笑)!!
オガムのアロウン様溺愛っぷりはもう大好きなので
外伝でも散々魔王様を甘やかして下さい!!

過去でのプリムラをめぐっての人間関係は凄く萌えました。
何このいい年こいた大人三人が愛娘溺愛してる駄目な光景は(>▽<)
間違ってもにこにこ笑ってるプィル様って何~~~(><)!!
何か滅茶苦茶プリムラが羨ましくなりましたよ。
オガムはオガムでプリムラに甘々で飴とか作ってあげてたり
プリムラの教育係死守してるし!!くそう、なんて可愛いじじいなんだ!!
何はともあれ、ここでプリムラがメルカディスを弱める言葉を知ってることが判明し
最後の落ちはリアンノン確定。
…ホントにPS3版で一番得したヒロインは間違いなくリアンノンだよな…。
ホントに妻という点では他のヒロインとは格が違います。
別れる時もリアンノンだけは「我が妻、リアンノン」だし。
正直、終章だけならに~さまよりリアンノンのがサブ主人公に見えました。

天上に忠誠を誓い、それに反意を翻した時代には唱えることができなかった希望。
プリムラはあの時は呪い歌を詠唱する事は出来なかったけど、
天上の縛りから離れた地上に生まれたリアンノンなら詠唱する事が出来る祝詞。
…ホントに綺麗にまとめたなあと思います。
生まれ変わりという意味では、リアンノンの方がむしろ綺麗に纏まってる。
それはプィルはアロウンと共に戦う事が出来たから
出来る事をした上で彼を失ってるけど、
プリムラは待ってる事しかできなかったから
悔いが残っていた故なんだろうな…。
プィルの魔力を宿した、人の子供。
魔法の詠唱が出来ないアルサルと違って、魔道に通じ
夜の子供と昼の子供の間にある少女。
…人は想いがあれば、こうして進化する事が出来るんだろうか。
叶えたい思いがあれば、守りたい人がいれば
リアンノンのように、時代を超えても
強くなって願いをかなえる事が出来るんだろうか。
少なくとも、現代でアロウンは失われず、
それを成したのは遥かな伝説の時代
「私には何もできない…」と嘆いた少女の魂である事。
それは確かに、感動的なお話だなあと思いました。

因みにレクトールもメルカディスも…結構普通に弱かった…。
パラディウム塔で死んだのはリディア戦一回だけです。
リディア戦は情けない事に早々にレギュラーが死んで
傭兵のドルイドと吟遊詩人がリディアを倒したあたり
かなり哀しかったです(^^;。

最終戦で、皆が一言づつ決意を込めてしゃべるのは何か燃えたなあ(笑)。
レクトールをアルサルで倒したら、仲良し兄妹が感動する様子が見えました。
あれって他の人で倒してもみえるのかなあ??
結構バトルのセリフでこういう気使いがあって
ここも結構ポイント高かった(笑)。

後はPC版通りタリエシンがドラゴンを連れてきたので
パラディウム塔から脱出成功★。
…皆がタリエシンに抱きついてるCGが
削られたのはちょっとショックだったなあ(泣)。
あのCGが好きだったのでちょっと残念でした(^^;。

これで終わりだなあと~と
感慨に浸ってたら又妖精王が出てきました。
ホントどんだけプィルプッシュなんだよ、PS3版(笑)。
しかしホントに春風のように爽やかな王子様っぷりですね。
夢に見ていた、現代の光景。
いつまでも共に肩を並べて、いつまでも友と共に。
…アルサルの願いはかなえられたんだのラストを考えても
素敵な夢だなあと思います。
リアンノンが先見が出来るように
この夢、予知なんだろうね。きっと。

林檎の花に囲まれて、楽しく穏やかで優しい宴。
この先も友を悲しみにはしないと…そうアロウンに告げたプィル。
…やっぱり、見るからにアロウンは
何かあれば、償う覚悟をしてたんだろうなあ…これは…。
ここはアロウンの悪い所だと思うんだけど、
それでも彼の気持ちも痛いほどわかって…。
全てが終わった後、悲しみに沈んだプィルを
この言葉はどれだけ支えてくれたんだろうね…。
アロウンはプィルに、悲しまないように頼んだのだから。
アロウンは、プィルを悲しませる為にいたのではないのだから・・・。
きっとプィルより先にプリムラは逝っただろうし、
オガムは傍にいてくれただろうけど、
起こせと言った友は棺の中で
呼びかけても目覚める事のない眠りの中にいて…。
それでも、眼を覚ましたアロウンが喜んで、
自分が誇れる世界である為に、
プィルはずっと、がんばってきたんだろうな。
いつか再びまみえるただ一人の友に胸を張れる自分である為に…。
逝く最後の瞬間までずっとずっと、待っていたんだろうね。
…正直、ここでCG一枚欲しかったなあ…。
プィル関係のCGってPCも、PS3版も悲しいものばかりだから
明るくて幸せなものも一枚くらい見たかったなあと思います。
…あったらタイトル登録したのになあ…。

この前振りもあったせいで願いは叶ったが凄くじ~んときました。
やっぱりこの滅茶苦茶ご都合主義で大団円な終わりが凄く好きだ~。
誰も死んでない、誰も悲しんでない。
皆笑ってる。それでいいと思う。
だって前大戦はあんなにも悲しかったんだから。
だから今度は幸せな終わりだっていいじゃないかって思います。
その為にプィルも、プリムラも、生まれ変わったんだから。
…何も奪われなかった幸せな世界で
この美しい夕暮れを、アロウンとともに見る為に。

クリア後音楽室のタリエポ可愛かった~(><)
あんたどっかいくの?のエポナの声が結構寂しそうなのに萌えた(><)!!
ホントにPS3版はすっごくエポナがタリエシンと仲良くなったのが
男女CP好きな私としては凄くうれしい!!
正直、PC版ではエポナはあまりの脈なしで諦めてたので
PS3版でこんな仲良くなってるとは思ってませんでした(^^)。
…エポナ的に、伝説の英雄から、ヘボ詩人に格下げになったのは
どうなのかちょっと心配ではあるんですが…
…えっと、多分一番は保障されてると思うから仲良くしてあげてね(^^;。
つーか、ホントにPS3版のタリエシンはふつーにキモいな(笑)。
見てるとかなり苦笑がこぼれるんですが(笑)。

一月すっごく楽しくプレイさせて頂きました(^^)。
とりあえず現在レベル68なのでとりあえずレベル80まで頑張ってみて
レベルの上がり方次第でギガダーンウィン目指すか決めようかなあと思います。
…基本的にあんまりレベル上げ好きじゃないから
早々に二週目やってる気がしてならないのですが(^^;。

次回はPC版と比べてのキャラ語りなどしたいなあと思ってます。
総評は…何だかんだいって好きキャラが男性キャラなので
PC版とあんまり変わらないかなあと思うので今の所やらないつもりです。

あー、あと好きキャラ。やっぱり変動しました。

PS3版順位だと

1、タリエシン 2、プィル 3、アロウン 4、アルサル
5、オガム 6、スィールとエポナ同率 7、リアンノン

…なんで結局タリエシンが一番なんだろう…謎だ。
PS3版は普通にキモいと苦笑するシナリオが沢山増えたのに
それを差し引いても初源の歌とダマスカス剣のあたりが好きなんだよなあ…。
プィルは何かアルサルを抜く雰囲気がここ最近ずっとしてました。
元々アロウンとプィルが大好きだったしね…。
アロウン様は、妖精族にすっごく優しかったのが
ポイント高かったんだと思います!!
スィールとラスティがらみのイベント皆好きですよ!!

テーマ:ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- - ジャンル:ゲーム

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

DVDとどきました~♪
「誰から届いたの?」という娘らのしつこい質問をかわしつつ、早速皆で2話分ほど見ました。
1話目はつかみが弱いかな?と思いましたが2話以降はすんなりお話に乗れました☆
子供らもそうだったようで、続きが見たいと言っていましたが毎日の楽しみに勉強が全て済んだら2話づつ見せる事にしました。
娘らよ。おかーさんのためにもとっと勉強済ませてください!!

話には聞いていたシスコン兄貴、可愛いですね♪
妹の方が強そうな印象でした。
そして、あの場面で「お嫁さんに~」は皆揃って吹きましたv-238
可愛いですね♪
2話分見ただけでも何となく音楽も含め☆矢っぽい懐かしさを感じます♪
魔王は形が定まるまでおっさんぽかったのでアレ?アレ?と思ってしまいましたがちゃんと美形でしたね☆
続き楽しみに見させていただきます!!
ありがとうございました!!

どもです~♪

無事届きましたか♪良かったです~。
折角レンタルまで探して下さったのになかったみたいなので
申し訳なかったので喜んでいただけて嬉しいです(^^)♪

私も一話より二話のが好きです♪
アルサル、可愛いですよね♪
ああいうお兄ちゃんが欲しかったですvv(←無理)。
個人的にはアニメは10話前後が今の所一番出来がいい気がします。
後半の山が一番好きなので
そこらへんも頑張ってくれるといいなあと期待してたりします(笑)。

リアンノンの「魔王様のお嫁さん」宣言、可愛いですよね♪
リアンノンは可愛いので大好きだったりします(笑)。
シャーリーが好きなだけあって正統派ヒロインは大好きなもので(^^)
アニメのTTTは確かに何か雰囲気が古い感じですよね。
暫くは平和でまったりした展開が続くかな~とは思いますが
金髪ロングの帝国の女性騎士さんが出てきてからは盛り上がると思います。
彼女はゲームではそんなになのですが、
アニメでは凄く魅力的に書かれてるので
そこらへんはすごく好きでした(笑)

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。