BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 鋼の錬金術師 第12話「一は全、全は一」BLOGTOP » アニメ感想 » TITLE … 鋼の錬金術師 第12話「一は全、全は一」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 第12話「一は全、全は一」

…なんで今週はこんなに書くものがあるんだろう(泣)。
正直悩んだのですが、今回はよかったので短くなるとは思いますが
やっぱり感想上げようと思いました。

鋼の錬金術師 キャラクターガイド鋼の錬金術師 キャラクターガイド
(2009/05/29)
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

この前のウインリィの赤ちゃんのお話も今回もすごく良かったです。
エドメインでテーマにかかわるこの二話のお話は
情緒的に時間をかけてやってくれてうれしかった。
…ただこの二話で進んだスピードを考えるとやっぱり4クールはつらいなあとも思いました。

なんとなくこの1クールの間見てて、
エドたちを中心に描くのは勿論だけど、
他は補足的に描くと割り切ってるのかもしれないなあと思い始めました。
軍部好き、シン国好きとしては正直つらいのですが、
ただ時間を考えると的確な判断だと思います。
…しかし昔みたいに無期限にアニメ放送するのはもうジャンプ系だけの特典なのかしら…。
正直この作品なら下手なジャンプ系より視聴率とれると思うのに…もったいないなあ・・・。

エドとアルの痛みを思って「辛かっただろう」と言ってくれて
強がる兄弟を無理するなって抱きしめてくれたイズミ先生はすごく良かったです。
エドとアルにとって、イズミ先生が母親代わりであるように、
イズミ先生にもエドやアルは、失った子供と同じくらいかわいい存在なんだと思います。

一は全、全は一は初めて見た時から良いお話だなあと思いました。
自分がたくさんの命を捕食していきているからこそ
私たちはその命に感謝して生きていかないといけない。
自分たちが土に還る他の生き物とおなじ生き物であることを
そして他の種族への敬意を忘れてはいけないんだよね・・・。
エド達がごめんねってうさぎを殺すところは、残酷だけどよいシーンだと思います。
自分たちが生きる為に、しんでいく命。
…忘れてはいけないものを真っ直ぐに見ることは勇気がいることだよね・・・。

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。