BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ティアーズ トゥ ティアラ 第十一話 「鎮魂歌」BLOGTOP » ティアーズ・トゥ・ティアラ » TITLE … ティアーズ トゥ ティアラ 第十一話 「鎮魂歌」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ トゥ ティアラ 第十一話 「鎮魂歌」

うーん、ホント九話から文句なく面白い。

正直オクタヴィアが出るまではゲームやってる人以外は
今の展開は面白くないだろうなあと心配してました。
…やっぱりこの作品メインキャラを集めるまでに
あんまりイベントがないから損をしてる作品だなあと思います。
意外に前半重要なイベントはあるんだけど、
全部やらないと何が重要かわかんないんだよね・・・。
…ゲームも序盤でリタイヤしてる人多いし
全部やった人も序盤は面白くなかったって人多いもんなあ…。

ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]
(2009/07/15)
大川透後藤邑子

商品詳細を見る

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

今回はリディア編終了。
PS3はまだプレイしてないので
先の展開をドキドキしながら見てました。楽しかったな(^^)。
アニメは非常にモルガンがいい感じで動いてるなあと思います。
元気が良くって動かしやすいんだろうね。

帝国兵とオクタヴィアが密会してたと聞いて
信じつつも悩んでたアルサルがモルガンに声をかけられて
びっくりして変な反応するのは可愛かったけど
…世界を瞬間凍結するオガムの可愛さには負けた(笑)。
「オガムもヘリヘリでございます。」
いや、真顔で言うなよ(^^;。ホント可愛いじじいだなお前(笑)
アルサルの反応に面白そうに笑うアロウンは何かかっこ良かったなあv
しかしご飯って…ケーキかよ…。
最初見た時は周辺におかずがあると勝手に思い込んでたのですが
二回目見た時はケーキの取り皿しかないのにうけた。
…えーと、栄養偏るよ(笑)。
でもあのケーキは食べてみたいかもvv。

アニメのエルミン可愛いねえ…。
正直PC版は出てくると…だったのですが
今の所妹か娘ポジションで滅茶苦茶可愛い。
アロウンの横でチョコンと座ってしょんぼりしてるエルミンに萌えた。
…こんな妹ほしい…。可愛い~(>▽<)/。
このまま「うたわれ」でいうならアルルゥポジションを維持して欲しいです!
可愛いぞ、エルミン(笑)

オクタヴィアと帝国兵が密会してるのを見て
ショックを受けてしらじらしい反応を取り続けるモルガンは何か好きでした。
ホントにモルガンはオクタヴィア好きなんだなあって
何かじーんと来ました。

捕まったエリルを助けるために一人で森に走るオクタヴィアを勘違いした
モルガンのセリフが、凄く良かったです。

「何でいってくれないんだ。私達は、仲間だろ。
 仲間はいつも、助けあうんだぞ…。

 私はお前を信じていた。
 ――――だから私はお前を最後まで信じる!」


信じる事は勇気がいる事。
それでも、自分が感じたものと現実を秤にかけて
自分が感じたものを信じる事を選んだモルガンがかっこ良かった。
そんでもって、オクタヴィアとモルガンのピンチに出てきた
アルサルの言葉がモルガンと同じ「仲間はいつも助けあう」
だったのが良かったです。
…いい民だよなあ…ゲール族。情に流されやすくて感情的で優しくて。
…正直、生きづらい民だとは思うけど、
きっと彼らはこれ以外の生き方をする方がきっと生き辛いんだろうなあ…。
間違った生き方をして器用に生き長らえるより、
自分に嘘をつかないで真っ直ぐ生きていく生き方にとても惹かれます。

最後、オクタヴィアとリディアの戦いは哀しかったです。

お互いが死んでほしくてなくてお互い知らない間に手加減をしてて
それを剣士としての誇りを汚されたようで
お互いに恨んでいたオクタヴィアとリディア。
アロウンに誇りよりも命を軽んじる生き方を叱責され、
リアンノンやモルガンに人を信じて助けあう生き方を教わったからこそ
帝国では気付けなかった自分やリディアの気持ちが
…相手への純粋な友情からのものだったとオクタヴィアは気付けた。
気付いた頃にはお互い立場を異にしていて、
リディアも又、愛情故に歪みきってしまった後だったから
戦いあう事しかできなかったけれど
剣を交わしながら浮かんだあの幸せな二人の思い出は
…リディアも思い出してくれたものだと信じたいです…。
「私達は完璧だった。お前は、本当の剣士だった。」
オクタヴィアからリディアへ贈られた最高の餞を胸に
満足して顔で逝ったリディアに救われました…。

「リディア、これは昔から知っていた事。
 私は、お前が好きだった。…お前も、私の事が、好きだったんだよな・・・。
 …これは、帝国を離れて気がついた事…。
 あの時、私達は…お互いに相手に死んでほしくはなかったんだ!」


リディアの躯を抱いて、泣いたオクタヴィアが悲しかった。
…物語が進めば進むほどわかる、帝国という国家の現実。
ある意味ガイウスは異端であり、ロンディニウムの市町クレオンのような
人物こそ生きやすいこの世界観ではひょっとしたらリディアも、
そしてモルガン達に出会わなければオクタヴィアも
あんな風に頑なに生きていく事しか出来なかったのかもしれません…。

…次回はどうやら無事タリエシンは出てきそうですが感じ的にガイウスメインかな?
…ていうか…リアンノンが捕まるイベントが追加されてるってのは知ってたけど
…あの…ひょっとして又真名がばれたの???
何か又眼が死んでるリアンノンが出てきてびっくりしてます。
…アルサルのシスコンぶりが発揮されるといいなあ…(←それかい^^;)

テーマ:ティアーズ・トゥ・ティアラ - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■ティアーズ・トゥ・ティアラ Ⅺ 「鎮魂歌」

 まさかの幼少時代は反則技    前回から記事が水曜日に移行しましたが、今後もその状態を継続する予定です。  でも新番次第ではまた...
2009/06/18(木) 22:13:15 | アニメを考えるブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。