BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ティアーズ トゥ ティアラ 第十話 「気高き剣士」 BLOGTOP » ティアーズ・トゥ・ティアラ » TITLE … ティアーズ トゥ ティアラ 第十話 「気高き剣士」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ トゥ ティアラ 第十話 「気高き剣士」

赤枝の設定と、今回のリアンノンのセリフはホントに良かったです。
今後のテーマにぴったりはまっててホントに良かった。
そんでもってモルガンとオクタヴィアとリアンノンに非常に癒されました。
アニメは非常に優しい雰囲気でお話を作ってくれてるので
とっても嬉しいなあと思います。


TVアニメ『ティアーズトゥティアラ』Prologue Sound Track TVアニメ『ティアーズトゥティアラ』Prologue Sound Track "origo cunctarum rerum"
(2009/03/04)
TVサントラ大川透

商品詳細を見る

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

「家宝の本当の価値をしり、名誉よりも大事な孫の命を救ったんだ。」

…アニメで最初に泣くのがモルガンのエピソードだとは夢にも思ってなかったさ(爆)。
元々ゲーム本篇も名誉とか誇りとかより、
命や心を大切にしていた作品なので、このエピソードは本当に良かったです。
お前はこんなにも愛されていたんだ…というオクタヴィアの言葉が胸に来ました。
命は本当に大切なもの。
それは名誉なんかには決して変えられないもので
だからこそその命を無駄に散らしてはいけないのだと
先の話で怒ったアロウンの言葉が生きてくる良い展開でした。
ていうか、ホントにアニメのオクタヴィア良いキャラなんだけど(>▽<)
バルドスカイがそろそろ終わりそうだし、PS3版やるのが凄く楽しみですよ!!

リアンノンの描き方も良かったです。
敵国兵のオクタヴィアが剣を求めても
躊躇わずに剣を渡して「大切なものなんですね」と微笑む姿が愛らしかった。
帝国に家族を滅ぼされながら、国を内部から変える為に
必死で一人きりで戦ってきたオクタヴィア。
そんな彼女が「人は一人で生きて一人で死ぬのだ」といった言葉に
リアンノンが返した言葉がとてもよかったです。

「確かに、そうかもしれません。
でも、人は誰しも一人で生き続ける事は寂しい事だと思います。」


この言葉は人を信じる彼女の勇気と強さを見せられたからこそ
弱いから出た言葉ではなく、強い心あるからこそ生まれた言葉として
オクタヴィアの心に伝わったんだと思います。
良いタイミングでオクタヴィアに飛びついてきたモルガンもグッジョブ!!
何かすっごく暖かいお話で非常に癒されました。
…反面、アルサルの心の狭さが滅茶苦茶目立ちましたが(爆)。
しょーがないんだよ、アルサルはこれから成長するんだよ…(泣)。

若干頭が固いアルサルらしく、オクタヴィア警戒しまくりなのはちょっと寂しい。
まあアルサルは確かにこういうキャラではあるんだけどね(^^;。
あんまり周りが寛大で優しいもので何か立場ないですね(泣)。
少しづつオクタヴィアの優しげな姿を見て
偏見をなくしていく姿をゆっくりと描いてくれたのは良かったです。
剣で互いの本質を語り合い、
最後に信頼の握手を交わしたシーンはホントにかっこ良かったな。
オクタヴィアは行き場がないからアヴァロンにいるのではなく、
そこにいるものを愛し、共に生死を共にするためにアヴァロンを選びました。
結果は同じかもしれないけどアヴァロンを選ぶまでの
過程を描いてくれたのは本当に良かったです。
PC版では全然感情移入出来なかったんですが、アニメ版は凄く気持ちがわかりました。
…この流れなら絶対「お前と一緒に戦えて楽しかったぞ」は泣ける気がするなあ。
今から凄く楽しみですよ(^▽^)

次回はVSリディアかあ。滅茶苦茶嬉々として
オクタヴィアに喧嘩売りに行く気がするなあ(^^;


テーマ:ティアーズ・トゥ・ティアラ - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

おはようございます♪

今回も優しい雰囲気の命を大切にしたり、人とのつながりを大切にするお話だったようですね。
レビューをこちらでずっと読みつつも深夜放送なので子供と見るにはちょっとまずい所もあるのかな?と思っていましたが、大丈夫そう!
話の作りが好みだな~とずっと思っていましたので見るの楽しみです♪
ギアスのときのようにはまるのはちょっと許されない環境ですが、青ざめながら次週を待つ・・・ということがなさそうで、それでいて面白そうで嬉しいです。
なんとなくこれなら義父がいても子供と見れそうです♪


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは♪

UTさんこんにちは★
あ、コメント見て下さったようで良かったです♪

わー、もし見て下さるならとっても嬉しいですvv
基本的にほんわかしたお話なのでギアスの時みたいに
心臓に悪い展開にはならないです(^^;。その点だけは保障出来るかな。
後半の展開は90年代のジャンプっぽいので
あの時期のジャンプ好きさんにはなじみやすいお話なんじゃないかなあと思います。
らんまが見えるなら、正直そんなに心配ない気もします(^^)♪。

隠しコメントもありがとうございます♪
最近の児童雑誌って結構社会的なものも乗ってるんですね!
ちょっとびっくりしました!
ゲームは時間ないと出来ないですよね…。
私は弟の影響でゲームというかギャルゲー好きになったんです。
ただ、ここ最近は遠ざかってたんですが
アニメ戻ってくると何となく又ゲームも戻っちゃってきてますね(^^;。
でもPS3は買う予定なかったのでちょっと自分でびっくりしてます(苦笑)。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■ティアーズ・トゥ・ティアラ ? 「気高き剣士」

 オクタヴィアの誓い    捕虜になったオクタヴィア。  アルサルが見極めるために剣で戦うというのは非常にらしく、  またその戦い...
2009/06/11(木) 22:22:43 | アニメを考えるブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。