BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第19話「イノベイターの影」BLOGTOP » アニメ感想 » TITLE … 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第19話「イノベイターの影」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第19話「イノベイターの影」

…微妙…。
あんまりOOは心配してはいなかったのですが
ここに至ってかなり微妙に感じてきました…。

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
(2008/12/25)
講談社 編

商品詳細を見る

****** ▼ 追記記事 ▼ ******



マリナが子供に撃ってはいけない事を訴えかける事は
大変好印象だったのですが
反面、シーリンに「この子達の顔がみえなくなるから・・・」は微妙だったなあ…と。
シーリンが彼女や子供たちをまもる為に撃つ銃弾の責任は
それを止めない以上、マリナも背負っていると私は思ってます。
シーリンは彼女達を見捨ててクラウスの所に行く事も
彼女達を置いて一人で逃げることだって本当は出来るのですから。
それでもマリナが自分を信じる道はそれと違うと決める以上、
銃を撃たないマリナの姿勢は私は理解したい…。
でも、撃たずに守られている以上、
もう少し言葉の選び方があったんじゃないかと思います。
シーリンだって、子供達に人殺しの顔を見せたい訳じゃない。
…もう少し、銃を撃たない根本的な理由を
述べてほしかった気がして何かとても残念でした…。
実際、彼女を守ってるシーリンにはそれを聞く権利はあると思います。
…それが具体的でないからこそ、
シーリンはマリナに反発しているところはあると思いますし…。
マリナがいつまでも綺麗でいられているのは
シーリンのお陰でもあるし、だからこそマリナは
やっぱり今のままじゃいけないのかなと、久々に思いました…。

そういう意味では、最後の沙慈の叫びの方が印象は良かったです。
物語のテーマであると同時に、若干無神経にも聞こえるセリフでしたが
伝えたい事はわからない訳じゃなかった。
ルイスを変えてしまった戦場に感じた
沙慈の痛みだってわからない訳じゃないから。
…ただ、それ以上に、その言葉にハッとした
ソーマ・ピーリスが悲しかったですけれど…。
あれは、失って本当に悲しかったから、理解できる言葉だから。
沙慈が、命の危険を前に引き金をひけなかったように、
ソーマは沙慈の悲しみに触れて、失う悲しみを思い出してしまって
怒る事が出来なかったのでしょうね…。
ソーマと大佐の絆なんて何もしらない沙慈に「お前なんかに何がわかる」と、
怒る事だって本当はピーリスにはできたはず。
それでもそれを選ばなかったピーリスは本当に
優しい女の子で大佐を心から愛していたんだと思います。
…彼女の生存は正直大丈夫だと信じてるのですが
幸せになってほしいなあと心から思います。

ただ残念だったのは沙慈がルイスを全肯定してしまったこと。
ルイスの復讐の後付け理由の恒久平和の為に
彼女がアロウズに出資し残虐な機械を産み、
そして彼女自身もそれにどれだけ力を貸してきたのか。
…沙慈は後者しかしらないにせよ、それはルイスの罪なんだよね…。
ただ刹那は、それでいいんだろうなあとは思ってます。
彼が望んでいるのは、
平和で暮らしてる人間がただ平和でいられる世界だから。
実際ルイスが彼女の罪に気付いて、
それで何が変わるのかといえば多分世界は変わらない…。
ルイスは綺麗事はいわないし、平和になったら沙慈と二人
幸せに暮らす以外に何ももとめない事を考えれば
…それでもいいのかもしれません…。
人が人を殺し、そして、人が人を憎み暴走するのが戦争。
戦時下の殺人の責任なんて、とる事は歴史は敗残兵にしか求めはしない…。
戦争は特殊な世界だから。
そういう意味では諦めはついたのですが、
でも本当は分かってほしかったなと思います。
ルイスの正義が独りよがりだった事も、
彼女が見たくない現実から目を背けていた事も私は気付いてほしかった。
でもやっぱり沙慈には難しいのかな…と少し残念でした。
沙慈自身が、ルイスの罪に気付いてないものね…。

でもやっぱり、沙慈を恋しがって泣くルイスは見ていて悲しかった。
私はルイスが独りよがりだとは思うけど、
どうしても見ていて憎めないんだよな…。
沙慈は多分、私が望む形ではルイスを取り戻してはくれないかもしれないけど
でも、私の望む形と沙慈が望む形で
どっちがルイスを幸せにするのかといえば間違いなく沙慈の望む形。
…本当はルイスはネーナのあの件がなければ間違えなかったはずの子で…
それなら、やっぱり仕方ないのかな…とも思います。
…ただ戦争を描く以上、出来れば勧善懲悪であってはほしくないんですよね…。

ネーナ・トリニティは…何か全力で生存フラグ叩き割ってますね(^^;。
今まではあの3人の中の唯一の生存者って事で
三人分の罪を背負うフラグも残ってるかな~と思ってたのですが
…19話でもこの調子じゃ彼女に時間かけてる余裕ないし
このままリボンズと一緒に破滅かな~。
ただ王嬢のお兄さんは良い人で結構好きだったので
正直彼が死んでしまった事は残念でした。
王嬢もやっぱり生存難しいんでしょうか?むう。

今回見た限りではやっぱり物語は
マリナや沙慈がキーで変動する気がしてなりません。
沙慈は今回決意した事で次回からどう変わるのかに期待したいと思いますが
マリナもそろそろ覚悟をみせないと時期的に厳しいな…と思ってます。
彼女が守られて綺麗であり続けている意味があるとは思ってますので
ある意味守られて周りの手を血で穢しながらも
彼女が綺麗である価値を最後にみせてほしいなと思います。
…先週までは彼女にここまで期待してはいなかったのですが
あのセリフの責任を彼女にはとってほしいのです…。
時折出てくる彼女の歌が今度どういう影響を世界に与えるのかはわかりませんが、
もし彼女が世界に影響を与えるのなら
もう少し、覚悟に形が必要な気がするので
最後まで頑張ってほしいなと思います。




テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第19話 「イノベイターの影」

機動戦士ガンダム00 (2) (角川コミックス・エース 146-5)クチコミを見る ☆<2/12更新>今回(第18話 「交錯する想い」)の感想をポットキャストにて収録! アニメブロガーが集まりワイワイと語っております。聴きたい方は↓をクリック ★ガンダム00 第18話感想
2009/02/16(月) 01:31:34 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

■機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第19話「イノベイターの影」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第19話を見ました。第19話 イノベイターの影カタロンの隠れ家にオートマトンが迫って来て、子ども達を守るためにマリナが飛び出すも、クラウスが銃を手に応戦してくれ、その間に防空壕を通って脱出する。「クラウスさんは?」「今は脱出...
2009/02/16(月) 14:06:41 | MAGI☆の日記

■AIを取り戻せ? ガンダム00第19話

 「【更新予定】【以下追記中】」前回前々回と2回ほどやらせていただきましたが、今後はそういう更新はやめようと思います。よそ様で見か...
2009/02/17(火) 01:27:11 | 世界日本ハムの哀れblog@非公式
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。