BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … コードギアス反逆のルルーシュR2第21話「ラグナレクの接続」BLOGTOP » アニメ感想 » TITLE … コードギアス反逆のルルーシュR2第21話「ラグナレクの接続」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2第21話「ラグナレクの接続」

コードギアス反逆のルルーシュ Sound Episode 3コードギアス反逆のルルーシュ Sound Episode 3
(2007/06/27)
ドラマシャーリー(折笠富美子)

商品詳細を見る


書くつもりなかったのですが
スザクの「シャーリは…」のセリフに元気が出て
なんかもう書きたいことがいっぱい出てきたので
書いてみました。

書いてる事がシャーリーとロロばっかなあたり
あれな感想なのですが
(自分のギアスが如何にシャーリーとロロ中心に回ってるかよくわかりましたよ)
おひまでしたら読んで頂けると嬉しいです。

ちなみにパパママはかなり酷評しております。

そしてスザクへの眼は非常に優しくなっております。
ルルは普通かな?

てな訳で感想~

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

…私にはマリアンヌに出会って
人と理解し合う事が楽しく感じたシャルルの気持ちが
全くわかりませんでしたよ…(汗)。
…ぶっちゃけ、今までの綺麗なマリアンヌ回想は
「故人は綺麗にみえるものなんだね…。」と
かなり皮肉な気分になりました…。
つーか、アーニャの人生踏み台にした自覚ないだろマリアンヌ…。
あと二人の子供産んだ女が、十代少年の顔に落書きしようとしないでくれ…。
パパ、ママの言い訳も聞いてて頭痛くなってきた。
計画の為にVVと子供天秤かけて、VV選んだだけじゃんか。
こんなので納得出来る子供はいないでしょうに…。

私的に彼らの考え方に思う事は
自らの他者への絶望の押し付けと、自らの弱さへの言い訳だと思ってます。
生きていれば、他人と自分の考え方の違いに悩み苦しむ事は当然ある。
あるけど、この世界に一人でも心から信じようとしている人がいる以上、
それは自分が他人を信じる強さがないだけで
裏切りに耐えられないくらい、心が強くないだけなんですよ…。
一緒じゃないからこそ、分かり合える喜びもある。
自分と他人が一緒じゃ無いからこそ、肯定される喜びがある。
…それを一個人の弱さで、断つ事を正義にしてはいけないと思います。
信じられなくても、信じる事の出来ない自分の弱さを
恥じて、その弱さを認める位は難しいことではないでしょうに…。
その点でルルの彼らが求めているのは「自分に優しい世界」で
ナナリーが求めた世界は「他人に優しい世界」は爽快でした。
結局シャルル達は自分たちの弱さから逃げたいだけなんだと思います。
…何かもう、どうしてもEVAを思い出すのですが
ゲンドウと違って彼らは自らの弱さを認めないのが
どうしても好きになれませんでした。

今回嬉しかったのはスザク。
前回の「これは僕の背負う十字架だ」も良かったけど
今回も良かった。
「ユフィもシャーリーもゼロの事を言わなかった。」って台詞で
スザクは変われたんだと信じられるようになりました。
多分この感性が残ってるなら
根の部分は理想主義のままなんでしょうね。
ただ、汚れ役をかぶる覚悟ができただけで。

今までのナイトオブセブン時代ってのは
スザク的に言い訳があるから本当の意味の汚れ役としての辛さはない。
イレブンは敵に回したとしても誰からも理解されない道じゃない。
ルルを皇帝に売った事も私怨があるからこれも違う。
けれど、フレイヤを打ってからのスザクの道は
どこから見ても踏んだり蹴ったり。
それが単に自棄になって自暴自棄になってるのか
変化したのかを測りかねていたのですが
今回でスザクの変化を信じようと心から思えました。

そう、ユフィはゼロの事を言わなかった。
目の前でギアスの暴走に慌てるルルを見たからなのか、
それとも、そんなの関係なくルルを信じたのか。
ユフィはそんな事、言わなかった。
ただ、スザクに学校にいって普通の生活してねって言ったんです。
普通の幸福から目を背けてる死にたがりに
現実への幸福の縁を残したいと願って。
もう自分は彼と一緒に幸せになってあげられないから。支えてはあげられないから。
シャーリーもロロの事、ルルに言わなかった。
自分がロロを偽物だと無意識的に称して傷つけた事をひょっとして気づけたのか
それとも、ルルからどんなに曲がった形でもルルを思ってる人を放したくなかったのか。
それは私にはわからないけれど、
シャーリーはルルが好きっていう綺麗な正の気持ちだけ残してルルに別れを告げたんです。
世界は嘘ばっかりだけど、嘘じゃないものもあるよ
ルルは一人じゃないよ。私はルルの罪を知っても、
ルルが大好きである事をやめられないくらいルルが好きなんだよって。
その証拠に最後まで笑ってたんです。

死者が残そうとしたもの。
ユフィはスザクに「普通に幸せになってほしかった」
シャーリーはルルに「自分が愛されている事を、一人でない事に気付いてほしかった。」
そこまではまだ主人公たちは気付けてはいない。

ただ、スザクは死者がルルに向けた気持ちに疑問を持った。
ルルは気付けてもいないけれどただ、それ以前に
ロロの「兄さんに生きていてほしい」と願う人の心に触れて
結局、今生きている。どんな形でも進めている。
だから、人の死から少しは学べてる。
ロロの命が残した今の結果が、シャーリーの末期の願いをルルに伝えてくれるといい。
そうしたら、ロロは少しはシャーリーに償えるのかもしれないですね。

私はロロの生前の罪は人間の世界を俯瞰した神の視線で見るならば
シャーリーを殺したこととだけだと思ってます。
ロロはただ、命じられるままに人を殺しただけなのから。
そんな罪は自我も形成されてない子供を人殺しの駒に作り上げて
自分に都合よく使った人間の罪だと思います。
人殺しの道具に倫理なんて邪魔なだけで、
それを教えられなかった以上、自分が邪魔か利用価値があるかで判断されてる子供は
他人を同じように扱っても、仕方ないと思います。
だから、ロロが目撃者を無感情に殺してきた事も許容できたりします。
勿論、人の世界で今ロロが生きているなら
ロロの犠牲者はロロを恨む権利はあるし、
ロロも優しい時間を重ねて自己肯定され続ければ
いつか考えないといけなかったと思います。
…ただロロがそれに気づけるほど自己の存在を肯定されたのは
末期の一瞬だけでしたから、それをもう亡くなったロロに
私は求められないのです…。
他者肯定なんて、自己肯定された事のない人間には無理です…。
ロロの献身に価値があるのは、ある意味彼がそれを
ルルの件でのみ乗り越えた事にあるんですから…。
…ロロにはそんな時間なかった以上
神様がロロを裁くならシャーリー殺しだけだと私は信じたい。
だって、シャーリーは、ナナリーを思い出しても、
ロロの「兄さんが好き」って言葉を信じてたんだもの。
ナナリーを思い出して、ロロを偽物の弟だと理解していたとしても
ロロの気持ちを信じてくれた。
ひょっとしたら、シャーリーは初めて
ロロをみてくれた人間かもしれないんだもの。
ルルーシュよりも、先に。
ナナリーの替え玉じゃなくて、ロロを見てくれた
最初の人だったのかも、しれないだもの。

そんなシャーリーを、ロロが自らの意思で殺したんです。
ナナリーの存在が怖くて、現実と真実が怖くて。
…それはロロが選んで犯したロロの罪です。償ってほしかったです。
生きて、自分の罪に気付かせてあげたかった。
シャーリーが望んだ様に、自分のためだけじゃない気持で
ルルを立ち直らせる努力をしてほしかったです…。
今となってはどうしようもないことですが。

何はともあれ、今はひょっとするとスザクが一番好意的にみてるかもしれないR2。
…でもどう見てもハッピーエンドフラグがみえないのが痛いです。
両眼のギアスもそうだし、あのギアスもなあ…。
ナナリーの望んだ世界は「他人に優しい世界」と言いながら
結局ルルは「反自由意志」の縛りから抜け出せてない。
ルルのギアスも又、皇帝のラグナレクの接続と同じく
世界から他者をある意味はぎとっていくもの。
そこらへんの矛盾をどうつけるのか。
実際、ギアスを使わないと今の局面をどうしようもないのはあれなので
この展開に文句はないのですが
物語の落とし所がやっぱり悲劇にしかみえないのが…。
何かCCの悲しそうな最後の顔が印象的でした。
…やっぱり悲劇なのかなあ…やだなあ…。
何か話がシャーリーの死につながってきそうな予感がしてるので
それならやっぱり、幸福な終わりになってほしい…。
シャーリーの死を明日につなげてほしいです。

次回あたり、シャーリーとかユフィに関して触れてくれないかな…。
ルルが立ち直るのにはシャーリーの願いはキーだと思うし
スザクが立ち直るにもユフィの願いはキーのはず…。
…出来ればカレンは来週は遠慮して
次次回位にしてほしかったけどしかたないかなあ…。残り話数少ないし。
スザクとルルの保管を次回どれだけ出来るかを
期待しようかなあと思ってます。

あー、ちなみに、多分作為的なんでしょうが、
マリアンヌとシャーリー、VVとロロ、シャルルとルルーシュの
立ち位置は似てますね。
シャルルは結局VVと分かり合えず、ルルーシュはロロと最後にわかりあえた。
この両者の違いはなんなんだろうなってふと思いました。
…最後までシャルルがウソつきで或る事をなじってたVV。
最後にルルーシュを信じて「兄さんは嘘つきだから…」といってたロロ。
そんなロロの献身に打たれて嘘が本当になったルルーシュとロロ。
大好きな兄さんが自分の為に体力がない手で作ってくれたお墓は
多分墓前にかかげたロケットよりロロを癒してくれたと信じてます。
結局、この作品は他人の受容がキーなんかなあとちょっと思いました。

…当初は結果VS過程がキーだとおもってました。
結果のルルーシュと過程のスザクが反発して
お互いの落とし所を見つけて中庸を見つけていく物語なのだと思ってました。
でもスザクも結果主義になったからこれはもうやれないだろうなあ・・・。
ただ、スザクは丸ごと全部変わってはいないみたいだから
まだ望みはあるのかなあ…。
自由意志VS反自由意志は随所でまだやってくれてそうな描写があるので
そこらへんは期待してます。

因みにふとここに至って「やっぱりルルの恋人はシャーリーでよかったんだよね?」と
ふと思って嬉しかった自分は結局ルルシャリなんだと思った(苦笑)。
この数話どうもルルに向き合えなかったところがあったけど
今回の「ナナリーが望んだのは他人に優しい世界」で
やっとルルに向き合える気がしました。
…そんでルルシャリに戻れるんだから自分は我ながら現金だ。
…死別カップルだけどね(滝涙)。

あと突っ込むなら、スザクはシャーリーの末期の瞬間は
見てないはずなんだけど、とりあえずこれはスルーしよう(苦笑)。
スザクがシャーリーを思い出してくれてうれしかったから(^^)。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク の 接続」

ちょ、最後のあれはちょっと……。
2008/09/01(月) 17:10:45 | Shooting Stars☆

■(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレクの接続」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動
2008/09/01(月) 21:56:23 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

■コードギアス反逆のルルーシュR2 21話

TURN21 「ラグナレク の 接続」 マリアンヌ、スザクの顔に落書きしようとしていましたよね? 目が覚めなければ、ヒゲとかほっぺにぐる...
2008/09/01(月) 22:41:41 | ワタクシノウラガワR

■コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN21「ラグナレクの接続」

コードギアス反逆のルルーシュR2の第21話を見ました。TURN21 ラグナレクの接続C.C.とアーニャは気を失っていたスザクを発見した。「今はマリアンヌ、ルルーシュとナナリーのお母さんよ」黒の騎士団として、扇は動き、ゼロはもう生きてちゃいけないと考えをもっていた。「...
2008/09/02(火) 12:03:06 | MAGI☆の日記

■コードギアス 反逆のルルーシュ R2  第21話 「ラグナレク の 接続」

こんな展開になるとは… 予想できた人誰もいないんじゃないか。 超展開の連続はさすがギアス… 30分でよくここまで話が動いたも...
2008/09/03(水) 08:04:04 | のらりんクロッキーF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。