BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 夢から醒めた夢【劇団四季】2008/8/28(木)PM1:30BLOGTOP » 演劇感想 » TITLE … 夢から醒めた夢【劇団四季】2008/8/28(木)PM1:30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢から醒めた夢【劇団四季】2008/8/28(木)PM1:30

夢から醒めた夢夢から醒めた夢
(1988/12/21)
劇団四季

商品詳細を見る


ピコ : 真家瑠美子
マコ : 花田えりか
マコの母 : 織笠里佳子
メソ :飯村和也
デビル : 道口瑞之
エンジェル : 有賀光一
ヤクザ : 野中万寿夫
暴走族 : 大塚 俊
部長 : 田中廣臣
老人 : 維田修二
老婦人 : 佐和由梨
夢の配達人 : 北澤裕輔

楽しみにしてた夢から醒めた夢。
…久々に南直後に見たのですが・・・
私南十字星より、夢醒めの方が好きかも…(汗)
麗しの北澤配達人はちゃんといてくれました(^^)

んでは以下感想★

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

元気一杯の吉沢ピコに比べて
真家ピコは普通の子だった気がします。
マコに入れ替わる時も
怖いなあって思ってる気持ちが伝わって
心情描写では正直真家さんかなり好印象★
どっちかというと「愛をありがとう」で感無量になる
吉沢ピコのが好きですが
真家さんのピコも又みたいなあと思うピコでした。
全体的に感情移入がすごくしやすかったピコでした。

花田マコは相変わらず声量凄いですね。
高音が綺麗に出てて言葉のなまりも減ったので
印象はかなり良くなりました。
ただ、感情の動きがやっぱり若干わかりにくいかなあ…ってのは
ありましたけど、がんばってるなあと思いました。

楽しみにしてた北澤配達人。
…ああ、ここにジェントルマンがいる…。うっとり(笑)。
全体的に優しくて紳士的な配達人さん。素敵。
この方と毎晩お会いできるなら死ぬまで寝ててもいいよ(死)。
相変わらず声も甘やかでふわって広がって綺麗にのびてますし
やっぱり北澤さん素敵だなあと思います。
「マコ、時間だよ」と声掛けた時の
優しい言い方がとても印象に残ってます。

…全体的な印象ですが今回の夢醒めは重かったです。色んな意味で。
多分、自分がそう感じた理由は三つあった気がします。

一つは有賀エンジェルの「皆がしあわせになれたらいいなあ。」
…言い方が何か重いです。ホントに心からそう言ってるのが伝わります。
前回拝見した石井エンジェルが良い意味でバカっぽかったので
そんなに重くなかったのですが、今回は若干
「やっぱり皆が幸せになるのは難しいかも・・・でもなってほしい」と思ってしずむ。
カッコよくって真面目そうで凄く全体的に好印象だったので
こういう解釈もありだなあと思ったのですが
彼の存在は今回色々重く感じた理由の一つかなあと思います。

二つ目は2007.7月の福井公演から変わったと聞いてたメソの自殺理由。
今回のメソはいじめられる最中に屋上まで逃げてふらっと魔がさして飛び降り自殺。
いつまでも続くいじめ地獄に耐えかねて命を絶ってしまった少年でした。
…いや、そりゃ、戦争国の生きたくても生きられない子供とに比べたら
悪いのはわかるんだけど…それでグレーはホントやりきれない…。
受験戦争の時は「わかるけど…でも…死ぬのは良くないよ」と思えたんですが今回は…。
ただ、反面、人に苦しめられ続けたメソが
罰でカルマを解消して光になるのではなく、
人の優しさに触れて、魔がさした罪を人に赦されて
愛を知って光になる事が出来た…って展開は前より感動しました。
メソが光になる前に、人の優しさに触れられて良かったって
心から思ったもんなあ…。
ピコにあえてメソは幸せになれたんだよね。良かったね。

最後は私的な感情と時事的問題かと。
戦争で亡くなった子供たちのシーンで
先日アフガニスタンで起こってしまったNGOの方の事件が
思い出されて泣けてきました。
事件が報道されてから現地で頑張ってた方だし…と
ずっと無事帰ってきてくれる事を期待してたので
ホントやりきれなかったので、見ながら思い出してしまいました。
ご家族の方とかホント辛いだろうなあと思います…。
きっと今頃、天国で幸せに暮らしていらっしゃると信じてます…。
それもあって、エンジェル君の「皆がしあわせになれたらいいなあ」を
とても重く感じられたのかもしれません。

二回目の夢醒めですが、一幕から泣き通しでした。
一幕は「マコの物語」「ぼくのいきさつ」「メソの悲しみ」老人と老婦人の再会で泣き、
二幕は「あなたのために」~「行かないで」までずっと泣いてました。
「マコを捜せ」は笑えるけど、でもやっぱ今回も笑いながら泣いてました。
皆がピコの為に頑張ってくれてるのを見るとやっぱり嬉しくて泣けてくる…。
一幕開始前からしっかり用意してたミニタオルは沢山活躍してくれました(苦笑)。
やっぱ感動して泣きたいならこの演目だなあと思いました。
…帰り間際、念のため残りの公演スケジュール確認したけど
…やっぱ追加は無理そうですね…ガク…。又見に行きかった…。しょんぼり。
どうして一月しかやってくれないかなあ…。
3か月くらい公演しても、この演目なら人入ると思うんだけどなあ。ガク。

という訳で久々の夢醒めは楽しかったです。
…北澤さんは夢醒め最後まで配達人なのかな~。どっかで変わりそうな気もしますが。
11月末位に王子様やってくれないかな・・・どきどき。

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。