BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … HUNTER×HUNTER the nightmare of ZAOLDYECKBLOGTOP » アニメ感想 » TITLE … HUNTER×HUNTER the nightmare of ZAOLDYECK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUNTER×HUNTER the nightmare of ZAOLDYECK

ミュージカル HUNTER×HUNTER 2 Stage Packミュージカル HUNTER×HUNTER 2 Stage Pack
(2004/03/17)
竹内順子三橋加奈子

商品詳細を見る


旧サイトからサルベージしてきたハンターのミュージカルの感想です★


****** ▼ 追記記事 ▼ ******





レオクラ日照に悩まされ苦しまされて約一年・・・
せめて回数が進めばそれだけ出番も近づいてくれると淡い期待を描いていても
休載ラッシュに泣いた一年(FFオンラインやってて休載してるってホントかなあーー;)
織姫と彦星だって一年に一回は会えるというのに
この二人はいつ会えるのかと溜息をついた長い一年(爆)
つうか下手するともうそれ以上たってるんじゃないでしょうか(ーー;)
ハンター試験はよかったなあ・・・四時試験とか軍艦島とか天国だったなあ・・・
旅団編もレオリオが出てからも胸は痛かったけどピカ一人の時よりずっと安心だったし
幸せでした・・・。
キルゴンは可愛いけど・・・やっぱり私が感情移入できるのは年長組なんだよな。
そんな哀しい休載無出番地獄に悩まされた一年でしたが・・・
てなわけで(どんな訳^_^;?)行ってきました!
2002年8月11日夜の部『HUNTER×HUNTER The Nightmare of ZAOLYECK』
あ、因みにDVD買います(笑)
携帯のリマインダメールにも予約開始日登録しておかねば!



結論を言いますとこのミュージカル
レオクラ信望者は絶対この目で会場で見てきたほうが良いです(笑)
何か立ち見で良いなら当日券も売ってるらしいので
(日曜日でも売ってる位だから多分平日も入れるかなと)
もしもこれ見てる時、開演中でしたら行けそうなら是非是非いってみて下さい(^^)
何がいいってそりゃ、
やたらめったらクラピカの肩を抱くレオリオと
何事もないようにその手を受け入れてるクラピカ!!
これですよ!これ!
これで萌えなかったらレオクラ信望者じゃないです!
しかも大体これがキルアやゴン、イルミやヒソカにスポットライトが当ってる時に
舞台の端っこでさり気に見えるものですから
もうこれで如何に私がミュージカル本編よりレオクラの方を見ていたかばれてしまいます(苦笑)
・・・今回は完全にDVD出るのわかってたので
甲斐田ピカと郷田レオの御姿をこの目に焼き付けることしか考えてませんでした(爆)
ホントここは舞台を見にいったからこその醍醐味ですよ!
DVDでは絶対カットされそうな些細な所でかなりイチャイチャしてますから!

見えないところでイチャイチャしてたので私的にめちゃくちゃツボだったのは
林檎を食べてるレオクラですね~。
クラピカの袖で林檎を拭うレオリオをクラピカがそれほど嫌がってる感じでもなく
やめろみたいな感じで動いてるのが可愛くって~~~~~~~~(>_<)!!
もう隣でゴンが一心不乱に林檎を食べてるおかげで
もう完全に二人の世界って感じでしたよ(>_<)!!!
ありがとうゴン!!一生懸命食っててくれて(死)



ま、真面目な意味では今回のお話は
一部が 原作のゾルディク編のリプレイ
二部が オリジナルストーリーです。

といってもまあ一部もヒソカがバスの運転手してたりして
かなりまあ・・・アニメスタッフの悪乗りが入ってますけどね(^_^;)。
ていうか何で運転手の膝の上に乗ってるんだよ。ゴン。
いや、レオリオの隣にクラピカが座ってるのは全然文句ないです。
というかそれは有りです!ていうか必須です!!!

嬉しかったのはカナリアちゃんの出番がとっても多かったこと。
SATSUKIさんのお陰で昨年十二月にカナリアちゃんとキルアの話を上げていた私は
かなり色々と思うところがあってよかったですv
ていうかこんな声だったかな、カナリアちゃん
メチャクチャ可愛い声なんですよ~~!!
ある意味このミュージカルの影の主役は彼女でしたね、はい。

で、表の主役はキルアです。
まあ前回はほぼ主役はクラピカでしたし、ミツコさんのせいでほぼ出番無しでしたから
仕方ないのかもしれませんが是非是非来年は又クラピカにスポットを当ててください!
・・・とアンケートに書いてきました(私の中で来年の公演は勝手に決まってるらしい^_^;)
今回のお話は使用人たちやゼノじいさんの暖かさ
カルトちゃんやキキョウママの(ひょっとしてイルミも?)歪んでるけど真摯なキルアへの愛
シルバパパやイルミの家を背負い家の血の強さを知るもの達の思惑。
・・・可愛いデブ(死)なミルキ君のコンプレックスからのキルアや他人への憎悪(苦笑)
・・・まあそんな思惑の中で素直にゾル家を出る事が出来なかった4人のお話になってます。



まあネタばれはミュージカルページINDEXにて書いてあるので
了承済みだとは思いますが決定的なネタばれを(^_^;)

第二部はイルミやキキョウママ達の思惑でゾル家のパーティーに招かれ
ある意味、言葉巧みに山に閉じ込められた四人のお話です。
イルミに殺意を抱き攻撃する事を契機に殺人者のスイッチがかかり
「友達」を殺す事で正気に返るという暗示をかけられたキルアを中心に物語が動きます。
まあそういう訳でキルア⇔ゴン キルア←カナリアへの思いを
中心に描いていた前半とは違って、後半はそんなキルアの苦悩や
だからこそ結局ゾル家を出る事を諦めるキルアを3人がとめるという筋が中心になります。
いやあ全然カナリアちゃんでてこないなあ(^_^;)と思ってたら
キルアに殺されそうなゴンをカナリアが庇う事でキルアが正気になるとは
・・・少し想像してました(苦笑)。
原作と違ってアニメスタッフのする事はかなりお約束ですから(笑)
ただ好きなお約束なので嬉しかったですよ♪
ことぎれそうになるカナリアちゃんが
「ずっと祈ってます。広い世界があなたの前に開く事を~♪」
だったか?こんな感じの歌詞を歌うのですがかなりじ~んときました(>_<)!!
カナリアちゃん~~!!って感じでうるうるしてみてました。
シナリオ的には前回のが良かったと思いますが
逆に展開がおなじみのキャラで展開されていて
軍艦島並に(レオクラは少ないけど)できの良い同人誌のようなストーリーで
見てて楽しかったです(笑)。
ただね。やっぱりヒソカとゴンといい、レオリオとクラピカといい
同人誌っぽい所はありますね(^_^;)。
後者は嬉しいですし、もう慣れたのですが
TV放送時この同人チックなアニメの展開にかなり度肝を抜かれた記憶があったのを
ふと思い出しました(^_^;)。今はこれもアニメスタッフの味なんだろなと思ってます。




で・・・真面目な感想終わりv





レオリオとクラピカのなかなか妄想しがいのあるDVDにもカメラ回してくれそうな出番は

1、ゴンのおつきのパパママ試しの門に到着
2、ゴンVSカナリアの所の直前(・・・なぜや)
3、4人での出番でもあるのですが盛装してレオリオ、キルア他とダンス
(キルゴンはタキシード、クラピカはスーツ←微妙なのにしたなあ。女派としては助かったけど^_^;
レオリオだけ何故か着物袴姿でした!上背があってかっこよいのですよ~~~!!)
4、二人で温泉(といってもピカは着物来たまま背中合わせで入浴中のレオと会話)
5、4人でヒソカのバンジーガムに操られてダンス位でした。

1はもうとにかくエンペラーなピカさんでしょう(笑)
 「押してみたらどうだ?引いてみたらどうだ?持ち上げてみれば?」
 ・・・・・・・・・・・あんたはやらんのかい(笑)いやあさすがお姫様(死)。
2は前半に書いた林檎のシーンの後だったんですが
 レオリオが当たり前のようにクラピカの荷物もってるんですよ~~~!!
 ああお姫様と下僕(死)。
 あ、そういえば今回のミュージカルですが初期のクルタマント服でした。
 あのチャイナ風は製作めんどくさかったのでしょうかね?
3は二部開幕直前なのですが間の休憩で「レオクラないね~」と水玉さんと話してた頭には
 衝撃的過ぎました!!開幕直後ゾル家のパーティーでダンスするのですが
 元々盛装の4人にノックアウトされてたのにのに~~~~!!
 レオリオが真っ先にクラピカに「踊ろうぜ」と言い出したときは
 (キキョウママでもカルトちゃんでもないんですよ~~!!ピカなんです!)
 マジでブラボーとか叫んで万歳しそうでした(爆)。危うく変な人になる所でしたよ(笑)。
4はその前振りがメチャクチャツボでした。
 温泉があると聞いたレオリオがクラピカに一緒に入って友情を深めようぜとかいうと
 遠慮しておく・・・とかいってたのにのに~~!!
 (ついでにここ水玉さんと二人で愛情の間違いだろとか突っ込んでました^_^;)
 何故か盛装のままで温泉の傍に入浴中のレオリオに背中を向けてるけど・・・いるし(笑)
 やっぱりゾル家でレオリオを一人にするのは心配だったのでしょうかね(笑)
 まあ実際は多分キルアやゴンの前でしたくない話
 (何事もなくこのまま山を下れると思うかという話をしてました)
 だからなんでしょうけどね(^_^;)。でも嬉しかったですよ。
 やっぱりレオリオの傍にいるピカを見るのが一番好き。
 多分それはピカがもし男の子でも絶対変わらないと思います。
 男の子ならいつまでも友達でいて欲しい・・・そう思いました。
 希望は絶対女の子で恋人ですけど!!
 しかし邪な面では「レオリオ後から服のまま引きずり込んじゃえvあとはなるようになるさ☆」
 見たいな感情がふと浮んだ私に鬱(^_^;)←絶対発想がすけべになってるよ~(泣)
 でもこのシーンのレオリオの歌とか台詞ってすっごい良い歌なんですけど
 シチュエーションがなあ(^_^;)ギャグにしか見えん(苦笑)ピカ妻として隠してるし(爆)。
 ただ残念なのはその後クラピカが一人で歌うんですけど
 今回は二人で歌う歌なかったですね(T_T)前回の痴話喧嘩デュエット好きだったのにな。
5はなんだか知らないけどカルトちゃんとかがバンジーガムで躍らせられたとばっちりに
 クラピカが踊らされるんだけど「寂しいから皆も呼んであげるよ」と言われて
 最初に呼ばれたレオリオさんを見て「ヒソカさんわかってるじゃん!」とか思ってました(爆)
 いやあその後ゴン、キルも来たのですがね。
 4人のダンスはカッコ良かったですよv有り難うヒソカさんv


ま、とりあえずそんな所でしょうか(笑)
あ、後ミルキに取り押さえられるピカはとてもツボでした。
カルトちゃんに取り押さえられるよりもずっとヒロインっぽいです♪
これでレオリオが助けてくれたらもう完璧だったのになあ(うっとりv)
席は前過ぎでもなく後すぎでもなく、真ん中で結構良い席でした♪
私は好きな所で嬉しかったですv
しかしキルゴンの「キルアは俺がいなきゃ駄目なんだ。オレもキルアがいなきゃ駄目なんだ」
という歌を聴いてレオリオがクラピカに同じ言葉を迫って殴られて
レオリオがいないところで「・・・私だって・・・おまえがいなきゃ・・・」みたいな妄想をした自分は
もうかなり駄目なんだなあと思いました(爆)


で、帰り間際アンケート手渡す前に売店で
こんな無駄なもの買っちゃいましたよう(^_^;)衝動買い(爆)
レオクランドのCDのジャケイラのボイスカードなのですけど
キャラに被ってる丸いボタンを押すとキャラの声が聞こえるのです(爆)
・・・いや、ホントそれがどうしたって感じなのですが
どうしても欲しくって(^_^;)
家に帰って冷静になるとこんなのどうするんだって感じでしたが
まあ良いです。2002年8月の真夏の夜の夢の記念に
大切にしたいなと思ってますv
レオリオやクラピカの励ましボイスもあるしね(笑)



ま、と言うわけでとっても楽しくて素敵なミュージカルでした☆
今回もDVD販売はあるそうです♪
予約開始日は2002年9月12日から同年10月24日で
お渡し日は同年11月1日
セブンイレブン、ファミリーマート、サンクス、スリーエフ、サークルK、四国スパー
で予約みたいです☆
別にマーベラスさんの回し者って訳ではないですが(苦笑)
もしも見てなくて私の拙いレポートで見たいと思ってくださった方がいたら
参考にしていただけると嬉しいですv


とりあえずレオクラ熱は十分充電できましたので
これからも冨樫先生の休載に負けずレオクラ&ハンターを応援していきたいと思います(笑)。
冨樫先生~。充電切れる前に早くレオクラを出して会わせてあげてくださいね(^_^;)

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。