BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 夢顔さんによろしく【西木 正明著】BLOGTOP » その他感想 » TITLE … 夢顔さんによろしく【西木 正明著】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢顔さんによろしく【西木 正明著】

夢顔さんによろしく 上―最後の貴公子・近衛文隆の生涯   文春文庫 に 9-3夢顔さんによろしく 上―最後の貴公子・近衛文隆の生涯 文春文庫 に 9-3
(2002/10)
西木 正明

商品詳細を見る


劇団四季の「異国の丘」のモチーフになった小説です。
その縁からか、以前から浅利先生とお付き合いがあるのかはわかりませんが
西木さんは劇団四季のパンフレットや、会員専用雑誌 La Harpeなどで
時折劇評をかかれているのを見かけます。
その作者様の原作本。
正直無学な私は近衛文隆氏は異国の丘ではじめて知ったので
読んでいて色々勉強になりました。
とりあえず以下感想です

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

近衛氏の名前を使って作品を作らなかったのは
あくまでモチーフだから、といった感じです。
状況や人間関係は良く似てますが
主人公の動機や真剣さは、日中和平工作に関して言えば
「異国の丘」の九条さんの方がずっと真剣に誠実に見えます。
正直、近衛氏の日中和平工作はこの小説を読む限りでは
国の行末を憂いてというより、恋人の情に流されての行動と取った方が
しっくりくる感じです。
彼は和平工作失敗後、日中不和が生み出す世相に恋人
(近衛さんの恋人はテンピンルーさん)を殺され、
暫く自暴自棄になりながらも、最後には恋人の志をついで
日本に帰ったら日中友好に人生を捧げたいと考えるようになります。
その心の流れが凡人の私には感情移入しやすかったです。
かっこいいのは九条さん、感情移入しやすいのは近衛さんって感じでした。
良くも悪くも短いミュージカルの主人公だけあって
九条さんは完璧で誠実な男性に見えました。
正直、同性の眼でみると多少気遅れするんじゃないかと思う位かっこよかった。
けれど近衛さんは楽天的で、劣等生だったり
女の子が大好きで、同性が気軽に猥談(^^;出来るくらい
同性的には親しみやすい男性だったし、
弱いものを庇ったりとかは九条さんと同じくできる人で
仲間達に愛される人柄だった事は読んでいてとても伝わりました。
私は九条さんと近衛さんだったら、九条さんの方が好みだけど(笑)
近衛さんもとても魅力的な方だったんだなと
読み終わったときにおしい人を亡くしたんだなとしみじみした気持になりました。

一番胸に来たのは
些細なシーンなのですが、抑留兵達が
オリンピックでの日本の結果を知りたがった事。
明日、自分達の運命がどうなるかもわからない生活の中でも
国の活躍を知りたいと願い続けた彼らの愛国心の一欠けらでも
私達の中にあるのかな・・・と。
なんかとても切なくなるシーンでした。

シベリア抑留は史実としては知ってたし、
ソ連がどれだけいい加減な理由で攻めてきたかも知ってましたが
以前は強制労働くらいしか想像してなかったので
薬物投与での洗脳やらを作中で見させられて
いたたまれない気分になりました。
異国でもいたたまれなかったけど、本作でも読んでて辛かったです。
「プリンス近衛殺人事件」はもっと詳細にかいてるみたいなので
機会があったら図書館で借りてみようと思います。
本当に戦争の本当の犠牲になるのは普通の市井の人達だよな・・・(泣)
本書の謎である「夢顔」さんの落ちなんて
寂しいまでにむなしい気持になりました。
・・・この落ちは本当に切なすぎですよ・・・。

最後に感動したのは本書の書評にもある近衛さんのこの台詞です。

 近衛の息子が外国、いわんやソ連の手先になってどうする?そんなことまでして、早く帰る必要がどこにある?
 過去自分は、近衛一族の一員ということだけで、日本国内はおろか外国でも特別扱いされてきた。それは、こういう時にきちんと矜持を保ち、率先して苦難を引き受ける事を前提とした特別扱いである筈なのだ。


正直、抑留以前の近衛氏への印象はそれほど良くはありませんでした。
けれど、抑留先で、帰国後中国との和平に力をつくすために中国語を勉強したり、
抑留時代も弱いものを守ろうとする近衛さんの姿はとても心を打ちました。
近衛さんは完璧な人間ではなかったと思います。
失敗だってするし、女の子も大好きだし、勉強だって嫌いな方でした。
でも、外してはいけないところは決して外さない、
権利と義務を履き違える事のない優しい方だったと思います。
そんな方が、こんな風に理不尽に殺されてしまう時代を思うにつけ
本当に戦争なんて許されない事なんだと悲しくなります。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。