BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 鹿鳴館【劇団四季】3/24PM6:30BLOGTOP » 演劇感想 » TITLE … 鹿鳴館【劇団四季】3/24PM6:30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿鳴館【劇団四季】3/24PM6:30

公演詳細はこちら
ttp://www.shiki.gr.jp/applause/rokumeikan/index.html

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

二ヶ月ぶりの鹿鳴館。
鹿鳴館紹介キャンペーンで美麗鹿鳴館封筒セットを頂きましたv。
綺麗だから使えないので記念に大事に取っておきます♪ほくほく。

二度目という事でやっぱり無意識に比較してしまったり。
というか朝子さんと影山伯爵のやり取りが
前回より緊張感がビジバシ伝わってきて感動。
前回よりも影山伯爵から怒りと悲しみを感じました。
朝子さんの奔放な魅力と、反面それゆえの残酷さも。
最後の全く話のかみ合わない二人の対話の中で
影山の孤独な戦いの宣誓のみ唱和する朝子さんの間は絶妙でした。

「あなたは心というものは自分にしか備わっていないと思っている」
人は多かれ少なかれ、そういう傾向をもってしまうし
誰より自分の悲しみに敏感な生物で、
そういう影山伯爵自体も、決して人の事を言えた人間ではない。
けれど、この影山伯爵の言葉は
人間「個人」が決して逃れる事が出来ない悲しみそのもので
何度聞いても心を打ちます。

今回は前回と違ってかなり影山伯爵に感情移入できました。
日下さんと野村さんの迫力ある演技のおかげだろうな~。しみじみ。
鹿鳴館は6月10日で千秋楽を迎えます。
故三島由紀夫氏の生んだ美しい言葉と、愛と憎しみの情念の世界が
胸に響く作品ですので、興味がある方は是非是非v

しかし三島さんや古典文学に触れるにつけて
日本語の美しさは世界一だと思う私は文語が大好きです。うっとり

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。